雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

トマトの澄んだスープ

雑味がなく、すーっとのどを通る清涼感のある味わい。きりっと冷やしても、温めても、お好みで
トマトの澄んだスープ
now loading...

コツ・ポイント

【まるでおすましのようなトマトのスープで〝トマトは赤い”という先入観を取り払いましょう】
わたしがお客様にお出しする冷たい汁物。しっかり味わっても、およそ四割の人は、それがなんのスープであるかいい当てることができません。それはトマトだけを使ったシンプルなスープなのですが、色が赤くないのです。作り方は簡単です。湯むきしたトマトを潰して、数回こすだけ。するとトマトの赤い色が抜け、わずかに黄色がかった透きとおったスープになるのです。飲んでみれば、味わいはまさにトマトそのものです。ところが、みんなが食べ慣れているトマトなのに、半分近い人がそれに気づかない。赤くないから。透明なトマトのスープはどんな味がするのか、ぜひ実際に味わってみてください。〝トマトは赤い〟という先入観が、味覚の邪魔をしていることを実感できるでしょう。

掲載情報
446921f51d44c66302318a4d0f34ba17
お寺のしあわせごはん お坊さんに学ぶ、読んで食べて、心が軽くなる言葉とレシピ
命をありがたく、おいしくいただく料理の作り方、食の作法をお坊さんが伝授します。キッチン空間の整え方から、食器、調理器具の選び方、掃除術にいたるまで、食を通じて仏教の教えを実践し、悩みから解放されるためのヒントと、家庭で簡単に作れる精進料理レシピを紹介します。
著書: 青江覚峰    価格:1200円