雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

巻きおいなりさん

紅しょうがと白い酢飯の紅白でおめでたい日にもピッタリ。薄味で細巻きずしのような形が食べやすい
巻きおいなりさん
now loading...

コツ・ポイント

【考えるより、まずは作ってみましょう。チャレンジした巻きおいなりさんは、存外のおいしさです】
おいしそうなお揚げ(油揚げ)が手に入って、上手に炊けた。酢飯もいい塩あん梅ばいにで
きた。どちらも調味料の配合や煮る時間などを考え抜いて仕上げたから、最高のおいなりさんが完成するかと思いきや…。二つを合わせてみたら、あれ、なんだかピンとこない……。それぞれはとてもおいしいのに、二つを合わせたときのバランスが合わないというのはよくあること。これは失敗というより、前進へのステップです。クヨクヨ考えるより、黙して受け入れましょう。そして、少しでもおいしく、楽しくいただけるように工夫してみるのもいいでしょう。そこで、巻くおいなりさんを考案しました。うまくいかないんじゃないかと思いましたが、考えてやめるのではなく、まずやってみる! そんな思いからできた、かわいらしいおいなりさんです。

掲載情報
446921f51d44c66302318a4d0f34ba17
お寺のしあわせごはん お坊さんに学ぶ、読んで食べて、心が軽くなる言葉とレシピ
命をありがたく、おいしくいただく料理の作り方、食の作法をお坊さんが伝授します。キッチン空間の整え方から、食器、調理器具の選び方、掃除術にいたるまで、食を通じて仏教の教えを実践し、悩みから解放されるためのヒントと、家庭で簡単に作れる精進料理レシピを紹介します。
著書: 青江覚峰    価格:1200円