雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

焼きりんごのシナモンがけ

シナモンの香りがアクセントになり、りんごの甘味と酸味が際立つ大人のスイーツ
焼きりんごのシナモンがけ
now loading...

コツ・ポイント

【仏の慈悲を表す香りを使った一品で、善も悪も表裏一体ということを思い出しましょう】
お寺での仏様へのお供えは、お香、お花、お明かり(ろうそくの灯)の三つです。このうち、お香は仏様の慈悲を表すものとされています。お香は、よい香りのするもの、香りの強いものが用いられますが、その中には人が食べることができるものもあります。その一つが、シナモン(和名は、桂皮〈けいひ〉または肉桂〈にっき〉とも)。シナモンには胃腸を丈夫にしたり、代謝を上げて免疫力を強化するなどの薬効もあり、古くから生薬としても使われています。また、防腐・殺菌作用に優れ、ミイラにも用いられたといわれています。こういうと、何か特別な食材のようですが、シナモンは市販のお菓子などでもよく使われ、とても身近なスパイスの一つです。そこで、手軽に作れる焼きりんごのシナモンがけをご紹介します。お茶と一緒にいただきながら、仏様の慈悲の心を思い出してください。善悪にこだわる気持ちが、すっとほぐれるでしょう。

掲載情報
446921f51d44c66302318a4d0f34ba17
お寺のしあわせごはん お坊さんに学ぶ、読んで食べて、心が軽くなる言葉とレシピ
命をありがたく、おいしくいただく料理の作り方、食の作法をお坊さんが伝授します。キッチン空間の整え方から、食器、調理器具の選び方、掃除術にいたるまで、食を通じて仏教の教えを実践し、悩みから解放されるためのヒントと、家庭で簡単に作れる精進料理レシピを紹介します。
著書: 青江覚峰    価格:1200円