雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

季節野菜の寒天あえ

風味も歯ごたえも違う野菜がだしたっぷりの寒天をまとい、なんとも涼やか
季節野菜の寒天あえ
now loading...

コツ・ポイント

専用の流し缶がなければ、バットや保存容器でも

【昆布と干ししいたけのだし汁の作り方】
[材料(作りやすい分量)]
昆布…15×7cm程度
干ししいたけ…2~3枚
水…5カップ
1.干ししいたけはひたひたの水(分量外)に10分ほど浸し、かさの裏がやわらかくなったら流水でそっと汚れを落とす。
2.昆布はかたく絞った布巾などで表面を軽くふく。
3.鍋に分量の水、1、2を入れ、2時間ほどおいたあとに弱火にかける。鍋肌がふつふつとし
てきたら火を止めてこす。

【さまざまな野菜を使っても、それぞれが主役。嫉妬を感じるより、自分の価値を認めましょう】
夏の野菜をたっぷり使って寒天であえたこの料理は、素材それぞれの持ち味が生き、組み合わせてもどれもが主役となっています。うらやましいと、嫉妬の気持ちにさいなまれるのは、自分の長所を認めていないから。誰もが主役だということを、意識してください。

掲載情報
446921f51d44c66302318a4d0f34ba17
お寺のしあわせごはん お坊さんに学ぶ、読んで食べて、心が軽くなる言葉とレシピ
命をありがたく、おいしくいただく料理の作り方、食の作法をお坊さんが伝授します。キッチン空間の整え方から、食器、調理器具の選び方、掃除術にいたるまで、食を通じて仏教の教えを実践し、悩みから解放されるためのヒントと、家庭で簡単に作れる精進料理レシピを紹介します。
著書: 青江覚峰    価格:1200円