ホタテのバター焼き、ウニソース

ホタテのバター焼き、ウニソース
ワインや冷酒によく合うおっしゃれーな一品。口に入れた瞬間がうにうにで、後からホタテの甘みがじわーーーっと。冷酒にもワインにも合います。

材料 (2人分)

ホタテ剥き身
刺身用5個
ウニ
8粒
小1+大1
醤油
小2/3
バター
2cm角
お好みで適量
アスパラ
付け合せに適量
トマト
付け合せに1/4個

1

写真

海水雲丹。ミョウバンが入っていないので、雲丹本来の味が楽しめます。3個をすり鉢に入れ、ワインでのばして生クリームを入れて混ぜて弱火の鍋にかけてとろみが付いてソースっぽく仕上げます。

2

写真

ホタテの剥き身はミミと貝柱以外の部分を削ぎ取ります。(特売だった剥き身。450gで198円!安うぅぅぅ)

3

フライパンにバターを熱しホタテを焼きます。白ワインを振って両面をさっと焼き、醤油で味をつけます。付け合せのアスパラとプチトマトもフライパンの端で焼いておきます。

4

おしゃれな皿にホタテを盛り付け、ウニソースを掛け、上に生ウニをちょこんとのせて出来上がりです。レモンをちょこっと掛けて食べるとおいしいです。

コツ・ポイント

ホタテは生でも食べれる刺身用なので、さっと焼くだけでいいです。

このレシピの生い立ち

海水雲丹、大パックをお買い上げ。刺身で食べた後は、火を通していろんな味に挑戦したくなりますね(笑)。
レシピID : 100123 公開日 : 03/07/12 更新日 : 03/07/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」