沖縄料理 ソーキの煮物

沖縄料理 ソーキの煮物
ソーキ(豚の骨付きあばら肉)と冬瓜の相性は抜群。昆布や椎茸も入っているのでまさにヌチグスイ(命の薬)です。

材料

豚ソーキ(骨月あばら肉)
8本
冬瓜
1/4個
島人参(普通の人参でも良い)
1本
昆布(乾燥 煮物用)
1枚
干し椎茸
4枚
ちんげん菜(ほうれん草でもなんでも良い)
適宜
適宜
醤油
80cc
30cc
50cc
生姜スライス(皮付き)
2枚程度
適宜

1

ソーキは一度茹でこぼす

2

昆布は水でもどし結ぶ。
椎茸はぬるま湯でもどし、もどし汁をおいておく。

3

冬瓜、島人参は皮をむき適当な大きさに切って下茹でしておく。

4

1のソーキを鍋に入れ、肉がしっかりかぶる位の水を入れてアクをとりながら50分位茹でる。肉を取り出し、茹で汁はおいておく。

5

肉を別鍋に移して、茹で汁5C、カツオだし5C、椎茸もどし汁少々を入れ、他の材料と塩以外の調味料を入れ弱火で40分位煮る。

6

調味量は少しづつ加減しながら入れる。塩は後半に味を調える程度に入れる。

7

仕上げにサッと茹でた青菜を汁の中で軽く温め、盛付ける。

コツ・ポイント

冬瓜はくずれる位やわらかく煮たほうが美味しいと思います。薄味に仕上げ、翌日温めるとさらに味に深みが出ますよ。やさしく、やさしく。

このレシピの生い立ち

沖縄ではお祝いなどの行事ごとに家庭で作られます。
レシピID : 1002402 公開日 : 10/01/06 更新日 : 10/01/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」