ローズ家の焼レモンタルト

ローズ家の焼レモンタルト
シンプルな甘酸っぱいレモンカスタードタルト。でも一度食べたら忘れない味です。思い出しただけで、、ゴックン。

材料 (21cmパイ型)

薄力粉(タルト用、2個分)
250g
バター(タルト用、2個分)
125g
全卵(タルト用、2個分)
1個
塩(タルト用、2個分)
少々
50g
バター(室温)
30g
2個
薄力粉
30g
60cc
約3個分(175cc)
レモン皮
3個分
卵白
2個
少々

1

フードプロセッサーに薄力粉、バター、グラニュー糖をいれ、さらさらに細かくなるまで混ぜる。

2

写真

1にといた全卵を加え、まんべんなく卵が混ざるよう、数回パルスする。ひとかたまりになったら混ぜ過ぎです。

3

フードプロセッサーから取り出し、2等分し、ラップに包んで一塊にして円盤状に固め、冷蔵庫で1時間ぐらい休ませる。(~1日)

4

残りのタルト生地は冷凍可です。オーブンを200度C(395度F)に予熱する。

5

薄くのばして、パイ型に敷き、重石をして200度C(395度F)で15分焼く。重石をとってさらにパイ底が乾くまで5分焼く。

6

オーブンを220度C(425度F)に予熱する。

7

卵白に塩をいれてあわ立てる。グラニュー糖を三回に分けて加えその都度あわだてる。最後は角がたつまであわ立てる。

8

バターを泡立て器で混ぜ、グラニュー糖を加える。空気を含むように良く混ざったら、卵黄を加えて混ぜる。さらに薄力粉を加える。

9

6に生クリームを加え、良く混ぜる。さらにレモン汁、レモン皮を加える。

10

9を7のあわだてた卵白に3回にわけて混ぜる。(7が液状なので、反対にまぜると混ざらない。)

11

8のカスタード液を4の空焼きしたタルト生地に流しいれる。

12

220度C(425度F)で10分、170度C(325度F)に落として15分ー20分、焼色がつくまで焼く。

13

冷めたら冷蔵庫に入れ、最低半日以上休ませてから頂きます。

コツ・ポイント

ローズ家ではお庭で採れるマイヤーレモンという酸味のおだやかなレモンを使います。酸味の強いレモンの場合はお砂糖の量を多くするか、レモン汁を少なくして、同量のオレンジジュースを足してください。

このレシピの生い立ち

お庭のレモンの良さを最大限に生かした焼いたレモンカスタードタルトが作りたくて、試行錯誤の結果たどりついたレシピです。
レシピID : 1019161 公開日 : 10/01/24 更新日 : 10/01/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

14/08/08

First tsukurepo mark
写真

数年前から何度も作っています。家族みんなのお気に入り♥

ののんのつぶやき

遅くなってご免なさいレポありがとうございました。嬉しいです。