桂林辣椒醤と黒七味の麻婆豆腐

桂林辣椒醤と黒七味の麻婆豆腐
おもいっきり辛く作りましょう。暑い時には辛~いものに限ります。
桂林辣椒醤と京都原了郭の黒七味を使います。麻婆丼にしても美味しいですよ。

材料 (5人)

絹ごし豆腐
1丁
豚肉
200g
にんにくの芽
1把
ピーマン(お好みで)
2ヶ
長ねぎ
1本
桂林辣椒醤
大さじ1
大さじ2
◆合わせ調味料
  ◆醤油
大さじ2
  ◆酒
大さじ1強
  ◆甜めん醤
小さじ1と1/2
小さじ1と1/2
水(水溶き片栗粉用)
40cc
京都原了郭の黒七味
沢山(お好みの量で)

1

写真

材料はこんな感じで。豚肉はバラでもロースでも切り落としでも良いです。
桂林辣椒醤は豆板醤のような中華調味料です。黒七味は京都の原了郭というお店の商品です。山椒の風味が強いです。

あと醤油や酒なども使います。

2

写真

◆の合わせ調味料の材料を合わせてよく溶かし混ぜておく。片栗粉は分量の水で溶いておく。

3

写真

にんにく、ショウガは細かいみじん切りに、豚肉はみじん切りに、にんにくの芽、ピーマンは3cm長にそろえて切る。長ねぎは5mm厚の斜め切りに。

4

写真

中華なべかフライパンにごま油を入れ、にんにくとショウガを入れて弱火で香りを出しながら焦がさないように香ばしく炒める。焦げやすいので火加減に注意。

5

写真

続いて豚肉を加えて炒める(肉は固まりにならないようにバラバラに)。中火でじっくりと、肉がカリカリの状態になるまで炒める。

6

写真

肉がいたまったら、弱火にし、桂林辣椒醤を加えて香りを出しながら炒める。

7

写真

強火にし、にんにくの芽、ピーマンの順に加え、油がまわる程度に炒める。

8

写真

◆の合わせ調味料を加え、気持ち煮詰める

9

写真

さいの目状に切った絹ごし豆腐を加え、中火で煮る。
面倒でなければ、豆腐は予め湯通ししとくと良い。

10

写真

豆腐に味が染みたら水溶き片栗粉を少しずつ加えながら混ぜとろみをつける。長ねぎを加え、さらに煮る。

11

写真

ねぎがくたっとしたら火を止め、黒七味を好きなだけ加えて混ぜる。混ぜる時に豆腐を崩さないように注意。

12

写真

お皿に盛り付けて出来上がり!

コツ・ポイント

具が多めなので豆腐は2丁でも平気だと思います。//豆腐は絶対絹ごしで。//「桂林辣椒醤」の代わりに「豆板醤」、「甜メン醤」→「味噌」、「黒七味」→「粉山椒」でもOK。//豚肉は面倒なら最初からミンチ肉買ってきても良いです(でも自分で切った方が美味しい)。//ピーマンはあれば入れるくらいのスタンスで(栄養的に)。//ピーマンの代わりにニラを入れても。タイミングは水溶き片栗粉を入れる直前で。//

このレシピの生い立ち

豆板醤が家になかったので桂林辣椒醤使ってみました。それから京都で買ってきた原了郭の「黒七味」は麻婆豆腐との相性バッチリでした。甜メン醤がない時に味噌とオイスターソースを使っていた名残で、オイスターソースも普通に入れるようになりました。
レシピID : 102298 公開日 : 03/07/29 更新日 : 09/02/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」