パヴェ・オ・ショコラ(スイート)。

パヴェ・オ・ショコラ(スイート)。
2010年バレンタインレシピです。1種類のチョコレートで作ることが出来るレシピにしました。

材料 (11cm×14cmの型1台分)

クーベルチュールチョコレート
スイート(カカオ分58%)
160g
85g
水あめ
8g
無塩バター
8g
ココアパウダー(100%のもの)
適量

1

チョコレートを流す型にクッキングシートを敷いておきます。

2

チョコレートはフレークタイプでなければ細かく刻み、バターは常温に戻しておきます。

3

②のチョコレートを湯せんにかけて溶かし、溶けたら湯せんから外して温かいところに置いておきます。

4

鍋に生クリームと水あめを入れて沸騰直前まで温め、ゴムべらでよく混ぜてから③のボウルに加え、混ぜます。

5

混ぜる時はボウルの真ん中にゴムベラを当て、小さく円を書くように。

6

⑤が良く混ざったら、常温に戻しておいたバターを少量に分けて加え、さらに同じ混ぜ方で混ぜていきます。

7

⑥がよく混ざったら型に流し、冬の廊下くらいの温度の場所でゆっくり固めていきます。

8

一晩くらいかかりますので夜にここまでの作業をし、次の日の朝にカット以降の作業をするのがおすすめです。)

9

⑦が固まったら1.5~2.5cm角にカットし、ココアパウダーをまぶして出来上がりです。

10

*綺麗にカットをするためには カットする包丁がかぶるくらいのお湯を鍋やバットに用意し、

11

「包丁をお湯に付ける→ふきんで水気を拭く→カット」を繰り返しましょう。

12

チョコレートは特に温度で動くものなので、面倒でもこうすると綺麗に仕上がります。

13

賞味期限はココアパウダーをまぶしてから約2、3日(日が経つほど味は落ちます。)まぶす前の段階なら冷蔵庫保管で約5日程度。

14

保管の際は臭いがうつらないよう気を付けてください。

コツ・ポイント

チョコレートを型に流すところまでは温かい部屋で、カットするところからは冷たい部屋で作業を行うと良いです。チョコレートを固める時には冷蔵庫ではなく、冬の冷たい廊下くらいの温度で固めると、なめらかでとろけるパヴェに仕上がります。

このレシピの生い立ち

すでにUPしているパヴェのレシピはチョコレートを2種類使うため、1種類だけ使うレシピもUPしてみました。
レシピID : 1037982 公開日 : 10/02/12 更新日 : 14/02/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」