フレッシュ苺deいちごパウンドケーキ

フレッシュ苺deいちごパウンドケーキ
苺の季節だけの贅沢^^
生地は苺ジャム入りでしっとり...そして苺の食感と香りがとても楽しめるバターケーキです♪

材料 (H60mmのパウンド型S1本分))

無塩発酵バター(無塩バターでもOK)
100グラム...100%
細目グラニュー糖(グラニュー糖もOK)
70〜80グラム(苺ジャムや苺の甘さによって多少変わります)...70〜80%
100グラム(M約2個分)...100%
苺ジャム
70グラム...70%
薄力粉...A
100グラム...100%
アーモンドプードル...A
20グラム...20%
ベーキングパウダー...A
小さじ2分の1...1.5%
100グラム...100%
薄力粉...B
15グラム...15%
ストロベリーリキュールまたはキルシュ(ない方は他のお好みの洋酒で代用して下さい)...C
15cc...15%
グラニュー糖...C
15cc...15%

1

写真

《バター》は室温かレンジで柔らかくしておく。
*レンジの方は液状にしないように注意して下さい

2

写真

《粉類A》はあわせてふるっておく。

3

《卵》は卵黄と卵白に分けてそれぞれボールに入れておく。
*《卵白》は後に泡立てるので、水分油分のないボールに入れて下さい

4

【補足】
《卵白》を泡立てるのが面倒な方は《工程(38)》より『全卵すり込み法(通常のパウンドの作り方)』を記載してます

5

写真

《苺》は1.5~2cm角の大きさに切っておく。

6

写真

鍋に《材料C》を入れて《中火》で沸騰させる。
そこへ《(5)の苺》を入れます。

7

(6)を潰さないように混ぜながら『約1分』加熱する。
1分経過したら、『約60分』放置して自然に冷ませます。

8

写真

60分経過したら、ボールをセットしたザルで濾す。
『ボールに溜まったシロップ』は後で生地に入れるので、捨てないで下さい。

9

写真

《(1)のバター》をホイッパーでよく空気を入れながらクリーム状にする。

10

(9)に《細目グラニュー糖の半分》を入れて更にホイップする。
*残りのグラニュー糖半量は《工程(16)》で使用します。

11

写真

(10)に《卵黄》を1つずつ入れて、その度に空気を入れながらよく混ぜる。

12

写真

卵黄だけなので分離の心配はまずありませんが…
分離しない様に気を付けて、クリーム状になるまでホイップします。

13

写真

(12)に《(7)で濾したシロップの【大さじ1】》を入れてよく混ぜる。
次に《苺ジャム》を2回に分けて入れてよく混ぜます

14

【補足】
(13)は一度に入れると分離し易いです。
もし分離しそうになった時は《粉類Aの一部》を入れてさっと混ぜて下さい

15

写真

《(8)の苺》を再び空になった鍋に戻して《薄力粉B》をまぶす。
*苺を潰さないように優しくまぶして下さい。

16

写真

ホイッパーからヘラに持ちかえる。
(13)に《(2)で篩った粉類A》を3回に分けて入れて、練らない様にに切る様に混ぜます

17

写真

卵白でメレンゲを作ります
HM高速で泡立てて、卵白のキメが揃ってきたら《残りのグラニュー糖》を少しずつ入れて更に泡立てる

18

写真

しっかりと角がたったメレンゲを作ります。
ボールを逆さにしても落ちなかったら大丈夫です。

19

写真

(16)に《(18)のメレンゲの1/3量》を入れて、サックリ切るようによく混ぜる。

20

写真

残ったメレンゲを2回に分けて入れる
(19)ではよく混ぜますが、2回目以降は『メレンゲの泡を潰さない様に』優しく混ぜます

21

写真

(20)に《(15)⇒塗しきれなかった粉も全て》入れて苺を潰さないように優しくよく混ぜる。
お好きな香料もここで入れます

22

写真

生地が出来上がりました^^
これをパウンド型やお好きな型に入れて下さい。
*最後に20cm位の高さから2~3回落とします

23

写真

(22)を『170~180℃に予熱/15分~空運転』させておいたオーブンで『45〜60分』焼成する。

24

家庭用オーブンの『予熱完了直』は庫内温度がまだ低く、お部屋の温度にも左右されます。

25

特に型が小さいほど、いつも同じ仕上がりにするには『空運転』をする事をお奨めします。

26

私の場合
*TOSHIBA《ER-A9/2004年モデル》⇒180℃
*《ER-LD530/2013年モデル》⇒170℃

27

この様にオーブンの熱伝導とパワーによって変わります。
普段パウンドを焼かれる時にうまく出来る温度にして頂ければOKです。

28

写真

焼けたら少し空中から1回ドンって落としてショックを与え焼き縮みを防ぐ。
そして高さを保つために横にして冷まして下さい。

29

【補足】
(28)は紙を引っ張って、出来るだけすぐに型から出して冷ます様にして下さい。
*焼きたては柔らかいので注意を…

30

(29)を放置し過ぎると乾燥してしまいしっとり感が損なわれます。
30分以上放置しない様に気を付けて下さい。

31

写真

粗熱が取れたら《(13)で使ったシロップの残り》を刷毛で全体に打つ。
*焼成後しばらくはとても柔らかいので扱いは注意です

32

写真

(31)をラップでキッチリ2~3重に包む。
そして冷蔵庫に入れて寝かせます。

33

写真

食べ頃は絶対翌日以降です。
冷蔵庫から出したケーキを必要な分だけカットします。

34

写真

カットしたては固くて折角の食感が味わえません。『乾燥しない様に1つずつラップで包んで』お部屋に放置して柔らかくして下さい

35

急ぐ場合は…
カットしたものをラップに包んで『レンジ500W約7秒』でしっとり柔らかくなります。
*複数の場合は調整を…

36

写真

生地はフンワリしっとり…
ジャムでほんのり苺味♪
そして本当にフレッシュ苺の甘酸っぱさが単純に美味しい^^

37

写真

パウンド型でなくてもお好きな型で楽しんで下さい^^
マドレーヌ型で小さく焼くのも好きです♡

38

今回は分離の心配のない別立て法で記載しましたが…
メレンゲが面倒な方、HMがない方は『全卵すりこみ法』でも大丈夫です。

39

全卵すりこみ法は…
《工程(10)》で《グラニュー糖》は全量を2~3回に分けて入れて同様にして下さい。

40

写真

《工程(11)》でよく溶き解した全卵を少しずつ入れてよくホイップして下さい。
*材料の分量は全て一緒です

41

写真

『全卵すりこみ法』についてはID1004943『究極(笑)クルミのキャラメルパウンド』に記載しています。

42

写真

マーマレードで使用したオレンジ風味のパウンドはID :891657です。

43

写真

今回参考にさせていただいたsurireraちゃんのレシピはID :969663「♥苺のスティックチーズケーキ♥」です。

44

【cuoka×chiyodaパウンド型Lの場合…】
上記のバター80~90g分(好みのビジュアルによって変わる)で1本分

45

お菓子の日持ちをよくするお奨めの包装について【2013.01.26】の日記に記載しています

コツ・ポイント

*(6)で苺を煮すぎると潰れてしまいそうになるのでくれぐれも中火で1分を守って下さい。
*混ぜるだけで簡単ですが一つ一つ丁寧に作ってあげて下さい。
*苺とジャムは安いもので十分です。
*冷凍苺やドライストロベリーでもOKです。

このレシピの生い立ち

仲良くしていただいているsurireraちゃんのID :969663「♥苺のスティックチーズケーキ♥」を作らせていただいたところめちゃめちゃ美味しい♪
フレッシュ苺を入れた焼き菓子にハマってます^^
レシピID : 1053201 公開日 : 10/02/28 更新日 : 16/11/11

このレシピの作者

大阪中央区より東京某区に来て夫婦2人楽しく生活しています。
キッチンに引きこもる事とDeベイスターズが生き甲斐のアホです><
大阪では自宅で教室を開いてましたが、今は料理教室に関する様々な仕事をしています♡
宜しくお願いいたします^^
*マカロンをはじめ、私のレシピでご質問があればレポにて教えて下さい。
私の範囲で日記にてお応えさせて頂きます
*アンチョビ同盟/№15
*カッチョエエハード焼き隊

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

105 (83人)

17/01/09

写真

ピンク色Cuteしっとり美味♡料理上手になった気分笑レシピ有難う

hicopo

マフィン型可愛い♡いえ②完璧お料理上手です^^私こそ嬉有難う

16/05/29

写真

工程多くて大変だったけどしっとり美味しかったです!♡

mayupotato

素敵に有難う♡今だけ同返御免なさい;いつも心より感謝です涙

16/05/20

写真

食べかけw美味すぎお店みたい♡aiさんレシピはどれもおいしすぎる

こあらなお

素敵に有難う♡今だけ同返御免なさい;いつも心より感謝です涙

16/03/31

写真

マフィン型でね♡ 中からトロッと苺の果肉がヤバいよこれ(゚o゚

ジュスカ

わ〜何て可愛い♡ジュスカⓒ作ヤバ過ぎだ〜^^いつも嬉有難う涙

1 2 3 4 5