●炊飯器でジェノワーズのスポンジケーキ●

●炊飯器でジェノワーズのスポンジケーキ●

Description

ふわふわでコクがある自慢のスポンジ。
焼けた後の保湿がポイント(*^ー゚)b
2010,6.2の日記にも詳細をUP☆

材料 (5合炊き炊飯器の場合です*3合炊き炊飯器の場合は2回炊飯で焼くか、材料半分で作って下さい。★ケーキモードがあれば一応そちらで焼いて下さい)

Lサイズ4個
砂糖
100g
小麦粉(薄力粉) or 米粉(上新粉など)
(米粉のほうがダマになりにくく、初心者に特におすすめ)100g
(バター)
(無塩でも有塩でも。無しでもOK) 30g

作り方

1

写真

粉は普通のものでもできますが、片手でふるえるタイプが便利です

小麦粉の場合はダマになりやすいので特におすすめ

2

写真

まずは砂糖を量り、粉をふるっておく

湯煎の準備もします

バターは鍋で加熱して溶かしておきます

バターは無しでもOK

3

写真

卵を割り入れ、アームでかるく混ぜます

混ぜながら湯煎人肌くらいにしっかり温めて火を止めます

4

写真

砂糖を少しずつ加えながら泡立てます

湯煎時間は冬は長め夏は短め

粉を加えるころまでに常温になるようにします

5

写真

泡立て器か、停止したミキサーのアームでこまめに全体を混ぜます。
下の方が泡立ちにくいので、硬さをみるときも混ぜてから

6

写真

最初〜1分間くらいまでは高速でもOK

泡がまだとても粗い状態です

7

写真

6〜7割りくらいまでは中速で。

粗い泡は少ないけどサラサラの状態

8

写真

あとは最後まで低速でじっくりゆっくり泡立てます

最終的に垂らした跡が残るくらいまで泡立てたらOK!

9

写真

粉類を加えながら切るようにさっくり手早く混ぜる。
混ぜ過ぎはNGですがダマがある程度なくなるまではしっかり混ぜます

10

写真

バターを再び温め直します

パチパチいうまでよく熱します

11

写真

熱い溶かしバターを加えて、ボールの底から金魚をすくうように、底から手前にゆっくり手を大きく動かしながら混ぜる

12

写真

下からすくうことで、底にたまりやすいバターを均一に混ぜることができます

13

写真

お釜に生地を少し高い位置からゆっくり注ぎます

高い位置からゆっくり入れることで大きな気泡が消えます

14

写真

約30cmの高さから数回落として空気を抜きます

セットしたらすぐに焼き上げます

15

写真

バター入りの場合は早炊き、無しの場合は通常炊飯します。

(※ケーキモードがある場合は一応そちらで焼いて下さい)

16

写真

箸を中心に刺して生の生地がついてこなければ焼き上がりのサイン

(生っぽい場合は追加加熱して下さい)

17

写真

取り出してもう1回落とし、空気を抜いたら、ラップを敷いた平な場所に反す
(側面を一周かるくたたいてから返すと出やすい)

18

写真

熱いうちに全体的にぴったりラップをして冷蔵庫へ

このひと手間でよりしっとりしたやわらかいスポンジになります

19

写真

間にフルーツを入れたり、のせたりする場合は特に、1日しっかり冷蔵庫で冷やしてから使います。

20

写真

冷やしたら最大4枚までカットできます

デコレーションなど楽しんで下さいね♪

21

●補足1●
1日やすませると、よりしっとりします

冷凍するときはしっかりラップして密閉

解凍は自然解凍で☆

22

●補足2●
粉類20g分を純ココア等にかえても気泡が壊れにくいので、チョコレートなどのスポンジにもアレンジできます☆

23

★詳細日記を更新しました。作る前に必ず読んで下さい↓

http://cookpad.com/diary/1517778

24

※作る前に下の補足メモも必ず読んで下さい↓

http://blog.nametoma.jp/archives/2939

25

写真

別立てノンオイルタイプのスポンジも参考までにどうぞ☆

レシピID:1027736

26

2012.7,16
話題入りしました☆

みんな作ってくれてありがとう!^^

コツ・ポイント

湯煎するときはティッシュを鍋とボールの間に入れると傷つき防止になります

粉を加える頃までに温度が下がっていないと粉を加えたときに気泡が壊れやすくなります

バターは温度がぬるいと生地に均一に混ざらないので注意して下さい

このレシピの生い立ち

バターを加えたコクのあるスポンジも食べたいと、リクエストがあったのがきっかけ。

最近はバターを加えずに作るのが我が家では定番になりました。ノンオイルにすると炊飯中により気泡が消えにくくなるため、お菓子作りが苦手な人にもおすすめです!
レシピID : 1055032 公開日 : 10/06/02 更新日 : 20/01/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

73 (66人)

20/04/14

写真

息子と一緒に。家族き大好評

kuriyopi

20/04/14

写真

砂糖80g、マーガリン入、ケーキシロップ塗ったら大好評が出来た

kuriyopi

20/04/11

写真

焼きすぎた!?でもふわふわ~♪感謝☆

☆すまいりぃ☆

20/01/27

写真

オーブンで焼きましたが。バター入り、コクがあって美味しかったです

それいゆ★

1 2 3 4 5
なめっこ星人 2011年01月11日 20:18
> M-Budget さん

初めまして!
質問ありがとうございます。^^

基本的な材料の分量や作業工程も仕上がりに影響してきますが、その点は問題無かったでしょうか??
結論から言うと、このレシピでは保温機能は全く使用していません。
使用したとしても、機種にもよりますが保温は低めの温度に設定されているので、完全に焼くことはできないと思います。
また逆に炊飯器で通常通り追加加熱しすぎると表面が焦げることもあります。

なので、形がある程度安定している場合は、手間にはなりますが、ある程度冷めてから取り出し、オーブンで少し加熱したほうが良い場合があります。

形が取り出せないくらい柔らかくて安定しない場合はそのまま炊飯器でもう一度加熱してみてください。

また、高機能の炊飯器でケーキを焼く専用のモード等がある場合に、通常のご飯を炊くコースで焼くと生になりやすい傾向があります。
炊飯器によって環境が違うので、相性の善し悪しも出やすいので臨機応変に対処してみてください。
炊飯器に合わない場合は無理に使用しないほうが良い場合もあるかと思います。

アドバイスになってるといいな (;・ω・)ゞ

M-Budget 2011年01月12日 08:07
ありがとうございました。海外対応用の炊飯器だから勝手が違ったのかもしれません。
あのあと、結局二度目も生っぽかったので、そのまま保温で10分くらい放置してみたら中まで火が通ってました♪
おかげでたのしい誕生日会が出来ました。ありがとうございます。
なめっこ星人 2011年01月13日 14:29
> M-Budget さん

保温では焼けないのではと思っていましたが、中まで火が通って良かったです!^^
保温で様子を見るのもアリなのですね!勉強になりました☆

また何かアクシデントもあるかもですが、気が向いたら作ってみてくださいね^^
リンゴぼうや 2012年07月16日 20:13
とってもおいしそうですね
簡単なので今度作りたいです!
作ったら、絶対れぽしますね~
なめっこ星人 2012年07月16日 23:07
> リンゴぼうや さん

初めまして☆
嬉しいです♪コメントありがとうございます!
私もレポ楽しみにしてますね☆^^
Profile ゆずっちょ☆ 2017年06月09日 22:59
今度はジェノワーズにも挑戦してみようと思います。
質問ですが、熱いうちにラップをぴっちりした後、冷蔵庫に入れるタイミングは、冷えてからでいいですか?
なめっこ星人 2017年06月09日 23:16
> ゆずっちょ☆ さん

書き込みありがとうございます☆
冷蔵庫に入れるタイミングは、そうですね。ある程度荒熱が取れてからで大丈夫です。
Profile ゆずっちょ☆ 2017年06月10日 16:04
ありがとうございます。
これから息子のバースデーケーキ作ります。
ハッピー8歳☆です(^−^)
Profile Taaa2co 2017年11月01日 07:58
2年の記念日のためにケーキを手作りしたいと思い、時間があまり取れないのでサクッとできるレシピを探しておりました。

10年ほど前はよく製菓作りしておりましたので、手間暇はかかるだろう。。。と思っていましたが。ビックリでした。

大切な製菓の流れ、丁寧にアップして頂きありがとうございます。今もアップされた方がクックパッドを続けていらっしゃるのかは分かりませんが、本当に感謝です。無事ケーキを作り二人で美味しく食べることが出来ました。


ただ一つだけ。炊飯後、生焼け出ないことを確認しスグに釜から取り出してみました。

すると出来上がりから見て半分ほどまで、少しずつ潰れていってしまいました。

これは焼きが足りなかったからでしょうか?
私の取り出し方が悪かったのでしょうか?

せっかくふっくらと感動するくらいに膨らんだスポンジだけに残念でした(笑) 御教授お願い致します。
なめっこ星人 2017年11月02日 11:42
>Taaa2co さん

コメントありがとうございます☆
スポンジがしぼんでしまった原因は、おそらく焼きに時間がかかったためか、泡立ての際に細かい気泡が十分にできていなかったことが原因ではないかと思います。また、焼く前と焼いた後に大きな気泡を逃がすように台の上に数回落とす作業をしないと、それもしぼみやすい原因となります。

こちらのジェノワーズのレシピの場合は油脂を加えて作るため、油脂を加えないで作るスポンジよりも焼いている間に泡が若干消えやすい傾向があります。
オーブンで加熱する場合は余熱をしてから一気に焼き上げる場合が多いため比較的しぼみにくいかと思いますが、炊飯器の場合は機種によって温度の上がり方や火力の強さ、焼き上がりまでの時間が異なるため、イメージ通りの仕上がりにならない場合もあります。
問題なく焼ける炊飯器もあれば上手く焼けない炊飯器もありますので、炊飯器に原因がある場合は次回からオーブンで焼くことをおすすめします。

炊飯器に特に原因が無さそうな場合は、別立てノンオイルタイプのスポンジレシピもアップしていますので、是非そちらも今後参考にしてみて下さい。