ケンタ的フライドチキン、私の黄金比率。

ケンタ的フライドチキン、私の黄金比率。

Description

塩水につけるブライン法は肉がしっとりパサつかないので、冷めても美味しく軽やかです。
そしてこのサクサク衣、はずせません。

材料 (4〜5人分)

鶏肉(手羽元やもも肉、むね肉などお好きな部位で。)
500~600g
【ブライン液】
お水
1/2カップ〜(※コツの欄を参照)
小さじ1
【カリカリ衣(鶏肉の量によって増減させてください)】
★小麦粉(または米粉)
大さじ4〜
★黒胡椒
適量
炭酸水またはビール(なければ水にお酢を少々混ぜたものでもOK。)
大さじ2〜調整

作り方

  1. 1

    ポリエチレン製ビニール袋orジップ袋にブライン液の材料を入れて、もむ。(ポリエチ袋やジップロックはBPAフリーなので。)

  2. 2

    1のブライン液に肉を入れ、全体が浸かるように空気を抜いて口をしばり、冷蔵庫で一晩寝かせる
    翌日お肉が水を吸っています。

  3. 3

    新しいビニール袋に衣の材料と肉を入れ、衣が肉にからむまでよく揉みこむ。
    (衣は多めにつけたほうが美味しく揚がります。)

  4. 4

    写真

    あとは中温の揚げ油でじっくり揚げるだけ。
    油の音が小さくなり、細かい泡に変わったら火を強めて、カリッとさせましょう。

  5. 5

    写真

    レシピID: 902412 のビスケットもぜひ一緒に作ってみて。
    塩味のスコーンはさっくり軽く、チキンと相性抜群です。

  6. 6

    写真

    【ほんと〜に美味しいフライドポテトの揚げ方】
    レシピID: 1838284 参照を。
    フライドポテトの概念変わります!

コツ・ポイント

水の量は厳密じゃなくてもOK。
ビニールに入れて鶏肉が全部漬かれば大丈夫です。

このレシピの生い立ち

アメリカの家庭ではよく行われているブライン法、日本の家庭でも出来る分量にアレンジしてみました。
塩水につける下ごしらえは、ベラルーシなどで行われている放射能除去の下ごしらえと同じですね。
(塩分浸透圧で水溶性CsとSrを追い出す。 )
レシピID : 1073644 公開日 : 10/03/31 更新日 : 18/11/21

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

109 (92人)
写真

2022年4月19日

息子のリクで!ブライン法でお肉が凄いジューシーですね♬揚げ方も参考になりカラッと揚がりスパイシーな味わいに家族大喜びでした有難う

写真

2022年3月27日

衣がカリカリザクザクで美味しかったです!

写真

2021年3月19日

パリパリ皮とプリプリ肉、絶妙!1点疑問が[炭酸水は粉と一緒?]解明しないまま粉袋でダマになりました(涙)

写真

2020年5月16日

何これ美味しすぎ!何でこんなに違うの?カリカリジューシー!

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね