幕末の味を再現!龍馬カステラ

幕末の味を再現!龍馬カステラ
坂本龍馬が異人から聞き出し、書き残したメモから忠実に再現。しかし、味は意外なほど、ちゃんとしたカステラでした。

材料 (18cmパウンド型x2個分)

全卵(サイズミックスを使用)
180g(3個)
180g

作り方

1

写真

卵を先に秤量、それを100として砂糖100、中力粉70の比率で決定(写真は卵6個の分量)。中力粉は2回ふるう

2

パウンド型にコピー用紙(A4)を敷く。

3

写真

全卵に砂糖全量を投入。湯せんしながら、ハンドミキサー強で泡立てる(10分)。

4

写真

8-9分ぐらいで急にもったりしてくる。その後、大きな泡を消すために、ハンドミキサーを弱で1分。

5

写真

湯煎からはずして、中力粉を投入。

6

写真

ゴムベラでざっくりと混ぜ、そのあと、よく洗った手で生地を持ち上げるように混ぜる。

7

型へ流し込み、竹串で、縦横に動かしながら、大きな泡を切り、表面に浮いてきた泡を竹串を使って丁寧に消していく。

8

泡消し作業中にオーブン180℃に余熱開始。

9

写真

オーブン(180℃)。まず、生地表面に焼き色をつける(10〜15分)。

10

きつね色になり充分膨らんだら、クッキングシートをかけ、160℃に下げ、天板に熱湯を注ぎ、蒸し焼き(40-50分)。

11

写真

竹串をさして、生地が付いてこなければ、焼きあがり。焼き時間はオーブンにより調整してください。

12

オーブンから出し、熱いうちに型からラップの上に出し、さらにラップでぐるぐる巻く。

13

写真

そのまま、室温で2-3時間静置後、冷蔵庫へ。翌日からなじんでくるが、個人的には2日後からが、しっとりしておいしいと思う。

14

当時を再現するため、うどん粉を使った。昔の卵はもっと小さかっただろうから、卵黄比率を上げ、砂糖を和三盆にして次回挑戦。

コツ・ポイント

写真では職人ぽく、手で混ぜましたが、もちろん、ゴムベラでOKです。焼き始めに、泡きり作業が入ると表面がきれいになるのでしょうが、省略しました。敷き紙がコピー用紙だと、ぴんと立って、扱いやすくなりました。

このレシピの生い立ち

龍馬が異人から聞き取ったレシピがあることを知り、再現に挑戦。”玉子百目うどん七十目さとふ百目 此ヲ合テヤク也”、龍馬からの情報はこれだけ。作り方はcookpad,本などからの情報を総動員。砂糖の量が多い気もしましたが、意外と大丈夫でした。
レシピID : 1095713 公開日 : 10/04/24 更新日 : 10/05/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」