あさぎ風栗きんとん

あさぎ風栗きんとん

Description

栗の甘味を生かし、和三盆とブランデーで上品な味わいにしました。生栗のある季節ならでは…のお菓子です。

材料 (2人分)

中身だして250g、ネット半分くらいかな
大1.5
小2.5
栗の固さにあわせてお好みで

作り方

1

写真

栗は30~40分ゆでて半分に割って、スプーンで中身をだします。昔はこれが秋のおやつでした。。。

2

クッキングカッターに1と和三盆を入れてまわします。かなり練ってきたらブランデーを入れて回し、最期に生クリームをお好みで入れてお好みの固さに仕上げてください。

3

写真

2を10個くらいにわけて、ガーゼなどで包んで上をきゅっと絞りますと、栗の茶巾ができます。お好みでラム酒にしたり、ラム酒漬けのレーズンいれてみたり、ナッツいれてもいいかもですね。

4

私はマスカルポーネを中にちょっと入れたものに、出すときにあのエスプレッソソースをかけてみて出したんですが、これもなかなかよかったですよ。

5

…やり方?栗きんとんの中心にちょっとマスカルポーネを入れて茶巾にし、エスプレッソソースに生クリームをちょっと足してみたものをちょっとたらしてみました。

コツ・ポイント

つぶつぶ感を残してもいいですし、いい栗を使って砂糖なしでいってもいいですね。例年は中津川から栗のペーストを取り寄せして作っています。これだと、裏ごしすることもないので簡単ですよ。

このレシピの生い立ち

実家から栗を貰ったものだから、ちょっとお菓子にしてご近所にくばりました。この季節ならでは…ですね。
レシピID : 111001 公開日 : 03/10/09 更新日 : 06/10/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Hirano 2004年06月04日 15:33
ごめんださい。和三盆て何なのかわからないのですが、栗が好きなので作りたいと 思います
オーストラリアでも手にはいるのかな?
代用出来るもの何かありますか?
林ゆう子 2004年06月04日 17:27
hiranoさん、はじめまして!
オーストラリアにいらっしゃるのですね。だとすると日本食材やさんでも置いてないかもしれないわ。

和三盆って砂糖の一種です。
日本の古来からのもので砂糖きびのみで古くからの手法で手作業でつくったものなの。
普通のお砂糖よりお高いけど、上品ないい甘味なんです。和菓子とかを作るときに使ったりします。

これは全然、普通のお砂糖入れていただいても構いません。
でもオーストラリアですとブラウンシュガーあたりでやられるとコクがでていい感じになるんじゃないでしょうか。

いいなー。オーストラリア。
うちも妹がメルボルンに昔住んでいたんですよ。
Hirano 2004年06月05日 10:01
あさぎさん、お返事ありがとうございました。
海外に住んでいると何故か和風のものが 恋しくなります。最近姉から黒砂糖を送ってもらったので、それで代用しようと思います。
それと、あさぎさんの 和のスイートものも 挑戦しようかな。
今日もすごくいい天気で、こちらは とても過しやすいです。私はメルボルンには 行った事ないんですが この国はホントどこ行っても すごしやすいです。 
あさぎさんの 早い返事に感謝をこめて・・・ 
林ゆう子 2004年06月05日 10:14
いいですね、オーストラリア。
私は妹がいる間についぞ行けずにいました。
自然の中で生活できるのっていいですよね。私なんか都内だから毎日うるさくせわしないです。

和風デザートではめちゃ簡単で失敗なくて美味しいのは豆乳とカルーア使ったデザート。豆乳は牛乳でも全然OK。
黒豆や蜜ゼリーないらないです。基本の豆乳パンナコッタ??を作って、豆乳にカルーアとキャラメルシロップを混ぜたものをかけていただきます。

私は、都内の真ん中でヒーリングのサロン(マッサージですね)をやっているのですが、本当に自然の中でやりたーーーいといつも思っています。

Hiranoさん、では楽しんで作ってみてください。なにかありましたらいつでも聞いてくださいね。