ラー油のようなもの

ラー油のようなもの
ラー油のようなものを簡単に作る方法をご紹介します。作ったラー油はラーメン、チャーハン、野菜炒め、薬味などにどうぞ!

材料 (作りやすい分量)

100g
ネギ(小口切り、なくてもよい)
少々
しょうゆ
20g
香辛料(花椒・クミンなど、なくてもよい)
適量

1

フライパンにごま油と唐辛子を入れ、弱火で熱します。
(換気扇を回しておきましょう!)

2

熱している間にニンニクをみじん切りorすりおろしておきます。
ネギも小口切りにしておいてください。

3

唐辛子の色が変わったら火を止め、そのまま放置します。このとき、2で用意した薬味も投入しておきます。

4

十分冷めたらビンなりタッパーなりにラー油を詰め、しょうゆと香辛料を混ぜて出来上がりです!

コツ・ポイント

ニンニクは国産を使いましょう!また、ニンニクの火の通し具合でラー油の風味が変わるので、そのあたりは好みで加減するといいようです。ただし火を入れすぎると焦げ臭くなるので注意です。
刻みタマネギなどを加えると食べるラー油っぽくなります。

このレシピの生い立ち

「ラー油って、考えてみると唐辛子と油だよね。だったら我が家でも作れるんじゃないの?」という何の根拠もないひらめきからテキトーに作ってみたらそれっぽくなりました!
ついでに化学実験の試薬としても使いましたよ!(蹴
レシピID : 1141803 公開日 : 10/07/26 更新日 : 10/07/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」