名古屋コーチンのひきずり(すきやき)

名古屋コーチンのひきずり(すきやき)
お値段は牛肉と変わらない名古屋コーチン。歯応えがあり、とても美味しい。最後のうどんまで胸焼けすることなく美味しく食べられます。

材料 (4人分)

鶏肉(名古屋コーチン)もも、胸、血肝
適宜
ネギ
5本
エリンギ
1~1.5パック
糸コンニャク
400g
豆腐
1丁
うどん
1~2玉
照り焼きのたれ(レシピID:4273
適宜
4個

1

名古屋コーチンのもも、胸、血肝は食べやすい大きさに切る。
血肝は下茹でしておく。

2

糸コンニャクは食べやすい長さに切り下茹でする。ネギは斜め薄切り、エリンギは薄切り、豆腐はやっこに切る。

3

鍋に酒と照り焼きのたれを入れ、沸騰させる。具を適当に入れながら、煮えたところから溶き卵をつけながら食べる。

4

最後にうどんを入れる。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

名古屋コーチンは高いので、普段は卵、肝止まり。ごく稀に奮発するとすき焼きが食べられます。
レシピID : 11432 公開日 : 00/12/03 更新日 : 03/11/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
ミント 2000年12月04日 10:34
cometさんこんにちは。
うちも鶏肉と肝のすきやきしますよ、お肉よりもさっぱりしてますね。大阪に住んでたときはすき焼きは牛肉で白菜をいれてました。
でもこっちへ嫁ついではじめてすきやきには青ねぎ(関東では白ねぎだもんね)を入れ、鶏肉のすきやきも食べるようになりました。
名古屋コーチンではないので、お安くできるので、時々つくります。
おだしのしみこんだ、おうどんがまたたまらないです。

この場をお借りして質問なんですが、cometさんのグラタンですが、まだ作ってませんが強力粉ってかいてありましたね.今まで薄力粉でしかしたことがないいんですが仕上がりが違うのかな?
comet 2000年12月04日 22:30
ミントさん、こんばんは。

ウチでは一冬に数えるほどしか「すきやき」をやりません。牛肉は高いし、それでもはずれると臭いので好きではありません。(しゃぶしゃぶも豚肉で)
昨日の名古屋コーチンのレシートを見返したら、100g約350円でした。
この値段なら、牛肉より絶対お値打ち!と思いました。(完全にオバさんのセリフ。)

ネギも青空市で買うので葉の先までピンとしています。白いところは3分の1くらいですが、葉先まで全部使えます。
うどんは冷凍讃岐うどんを使いますが、本当に美味しいですね。

グラタンの件ですね。
このやり方だと、タマネギのおかげ(?)でホワイトソースがダマにならないのです。少々緩めですが、アルミカップに取り分け、パルメザンチーズを振りかけて娘の弁当に入れたら、好評でした。
強力粉は薄力粉より粒が細かくて、サラサラしています。だから、多少はダマができにくいかな?という感じで使っています。
それから、フライ、ムニエルなど、小麦粉を薄くつけたいときも調子がいいようです。
といったものの、パンの残りの強力粉があったので使うだけです。わざわざ買ってまでは使いません。
ミントさんも残り物の強力粉があれば、使ってみてはいかがですか?