たとえばアスパラで。【おひたしの基本】

たとえばアスパラで。【おひたしの基本】
ゆでて醤油をかけてるだけの人いない?
つゆに浸しておくから「おひたし」。
日持ちしますよ。
セシウムを減らす下ごしらえ。

材料

ほうれん草やアスパラ、水菜、小松菜、オクラなど、お好きなもので)
1束
★しょうゆ
大さじ1
大さじ半分
★(味をみて)塩
味をみて足す
↑だし醤油やめんつゆでもOK。ご家庭の好みの味にしてください)
お好みで針しょうがやかつお節をのせて。
適量

1

アスパラは根本の固い部分を切り、太いものはピーラーで皮をむく。

塩を加えた湯でさっとゆでてザルに上げ、冷ましておく。

2

ボウルに★の調味料を混ぜ合わせ、冷ましてしっかり水気をきったアスパラを入れ全体をひたす。
(必ず冷ましてから浸します!)

3

つゆの濃さは味をみて調整を。
(濃いめの塩加減に。)

冷蔵庫で10分〜30分ほどひたしておけば出来上がり!

4

野菜を熱いうちにつけ汁にひたすと、きれいな緑色がダメになってしまうのと、食感が悪くなるので注意。
粗熱が取れてからね。

5

最近うちは、かつおだしじゃなくて、玉ねぎと大根でとる「野菜だし」がお気に入り。
基本は、玉ねぎ+その時ある残り野菜です。

コツ・ポイント

下ゆではもちろん、おひたし、煮びたし、漬け物、酢の物、煮物、塩もみなど、和食調理は放射能除去に有効です。
塩分浸透圧で追い出す、要は「あく抜き」 に通じます。
和食中心の献立にするだけで、食卓から放射能リスクを減らせる。
和食ってすごい!

このレシピの生い立ち

中までじゅわっと味が染みてるおひたしは、それだけでご飯が進む!

【ゆで方】
葉野菜は根つきのまま茹でて水にさらし、水気をしぼる。
ブロッコリーやにんじん、アスパラなど根菜・茎野菜は水にさらさず、ザルの上で冷ます。うま味も栄養も逃げません。
レシピID : 1148299 公開日 : 10/06/04 更新日 : 14/02/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

130 (121人)

17/04/26

写真

味が染みて美味しかったです!野菜の基本がわかりました

れぽっと

17/04/25

写真

ほうれん草で♡色良く仕上がり大満足です(*ノ´∀`*)ノ

ぽちこ♡

17/04/23

写真

美味しかったです!

クックN1MC4V☆

17/04/13

写真

水菜も足して♪とっても味が染みててたくさん食べちゃいます(笑)

朽木流風

1 2 3 4 5