福井県名産・自宅で「へしこ」♪

福井県名産・自宅で「へしこ」♪
高価なへしこ♪作れます♪熱々ご飯に旨い!お茶漬けにも旨い!パスタにパンに何でもござれ♪和風アンチョビ的な存在に近いかも

材料 (???人分)

◎普通に近いバージョン
●刺身用サバか、もしくは新鮮なサバ
一匹分。
三枚おろし・もしくは2枚に。(三枚おろしならアラは捨てずに、一度熱湯に潜らせお味噌汁に♪)
●塩
軽く一握り
●ヌカ床の元
たっぷり漬かる量
規定の水を入れ解いておく。
ジプロック内で作ると楽♪
+--+--+--+--+--+--+--+
◎簡単へしこもどきバージョン
●スーパー等で売ってる塩サバ
骨が邪魔なら中骨を包丁で取り覗き、漬けたい分だけ
●ヌカ床の元
上記同じく♪

1

◎普通に近いバージョン。二枚おろしか三枚おろしのサバの水分をシッカリふき、まんべんなく一握りの塩を両面に振っておく。

2

ジプロック等に入れて3日ほど冷蔵庫で寝かす

3

冷蔵庫で寝かしたサバは水分が出ています。キッチンペーパーでしっかり拭き取ります。
高い位置から両面に軽く塩を振ります。

4

水で溶いておいた糠をまんべんなく塗りつける。ヌカサンドくらいの勢いで、タップリと。ヌカで包み込むように。

5

大きめのジプロック内で作業すると汚れません。片付けずに済んで楽チン。

6

ジプロックの空気を抜き冷蔵庫で重石をする←お惣菜が一杯入ったタッパーや、ビール瓶を数本上に置いても重石になるよ〜

7

約1ヵ月〜2ヵ月冷蔵庫で放置。この時点では浅漬けへしこって感じです。3ヵ月後くらいからがへしこらしくなります。

8

まれに薄くカビみたいなのが発生している時もあるけど…自然現象☆昔の人はそのヌカを拭ってサバを焼いて食していました。

9

サバの振り塩が足らなかったらカビが生えやすくなるのかも?今までは無事成功してます。

10

開封時に、ヌカを乾いたキッチンペーパーで取り除きます。

11

サバの身に添って拭って下さい。じゃないと身がポロポロ取れちゃいます。

12

骨が気になる方はヌカを拭いながら、中央の筋あたりにある細かい骨を指で探って抜き取ってネ。

13

海の魚ですし、本来なら皮目から。しかし焦げやすいので身から、魚焼きグリルでヌカが焦げないように両面を焼きます。

14

ちなみに一般的には川魚は身から焼きます。皮に弾力があるので皮から焼くと身がそってしまうからです。

15

魚焼きグリルから取り出す時に、身が柔らかくなっているのでフライ返しなどでとりだしてね

16

完全に冷めてから切り分けます。

17

◎簡単へしこもどきバージョン スーパーの塩サバの表面の水分をシッカリふき、ヌカを上記と同じように塗りたくります。

18

塩サバは、振り塩が無くてOKです。

19

ジプロックに入れて空気を抜き、2日〜3日漬けます。浅漬けへしこって感じです。

20

ヌカを拭いて取り除いたら、魚焼きグリルで焼きます。骨が気になる方はヌカを取り除きながら骨を抜いてね

21

ヌカが焦げないように、しかも中は火が通り過ぎてパサパサにならないように、しっとり目に焼きます(通常バージョンでも)

22

へしこもどきの完全!両方共に冷凍保存もできます。少し風味は落ちますが。食べる時は解凍後火で炙ってね。

23

◎通常に近いバージョンは、4ヵ月〜5ヵ月漬けても美味しいです。今回は3ヵ月漬けてみました。美味(´¬`)♪

24

前回より今回作った方が、断然へしこらしかったので、作り方を変更しました<(_ _)>

コツ・ポイント

ヌカは乾いたキッチンペーパーで拭って取ってね。焼くときは表面のヌカが焦げないように注意☆簡単バージョン、2日漬けはアッサリです。4〜5日漬けた方が、へしこらしさが出ました。本漬けへしこ一切れで熱々ご飯一膳を余裕で美味しく食べられちゃいます♪

このレシピの生い立ち

福井県名産のへしこは美味しい!でも買うと高価(>_<)漬け日数はかかるけど自宅で簡単に出来ちゃうんです♪お酒のツマミに・ほかほかご飯と共に・お茶漬け・パスタ・さらにはパンにも!しょっぱいけどヌカ好きサンならハマります(笑)
レシピID : 1211519 公開日 : 10/09/11 更新日 : 11/04/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

12/09/20

写真

京都ですが懐かしい地元の味♪またお世話になります!

美海愛*ぷらす

ありがとうございます♪地元のお味に近かったか不安です(汗)

11/07/13

First tsukurepo mark
写真

食べかけすいません感動しすぎてまた漬けました本当にありがとう

ジョリ〜ぬ

へしこって美味しいですよね!感動とは嬉しいお言葉ありがとう♪