小豆粥

小豆粥

Description

1月15日は小正月。 小正月は家庭内の私的なお祝いの日で、餅花や繭玉を飾り、新年に邪気を払い万病を除くために小正月の日の朝食として小豆がゆを食べるのが習慣です。

材料 (2人分)

小豆
1/4カップ
1カップ
約3カップ
1切れ
☆塩
適宜
(砂糖
大さじ1)
※小豆の茹で汁
1カップ

作り方

1

小豆を鍋に入れ一度鍋で沸騰させ湯を捨てる。

2

もう一度、鍋に水を入れ軽く指で潰れるくらいまで茹でてザルにあげて置く。※この茹で汁は捨てない。

3

3の茹で汁と水を合わせて4~5カップになるようにし、研いだ米を加えて炊く

4

1度沸騰させて、中身を大きく混ぜて弱火で30分前後コトコトと炊く。

5

途中ではかき混ぜないようにし、吹きこぼれそうな時は蓋をすこしずらす。お米がふっくらしたら茹でた小豆を加えて5分炊く。☆の塩か砂糖で調味する。

6

1/4に切ったお餅を焼いてお粥に加えて1~2分程炊いて完成です。(お餅は焼かずに加えても良い)

7

【調味について】
ほんのり塩味か少し甘めの味付けかどちらでもかまいません。地方や家庭によって違うようです。

8

写真

2010年1月15日にピックアップレシピに選んで頂きました。とっても嬉しいです。ありがとうございます。

9

【なぜ小豆?】小豆の赤で邪気を払うという意味があり、この小豆粥で豊作を占ったり願ったりする地域もあるそうです。

コツ・ポイント

小豆を茹でるのがめんどくさい時は、ゆで小豆を使用しても…。また小豆は栄養価が高く食物繊維も豊富、甘味もありダイエットや離乳食としても優れています。

このレシピの生い立ち

祖母から受け継いだレシピです。小正月の朝、祖母と列んでお粥を炊いていたのが懐かしいです。
レシピID : 125115 公開日 : 04/01/15 更新日 : 18/01/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

16 (15人)

20/01/19

写真

実家の母が小豆がゆを作ってきてくれたので、こちらのレシピを参考にさせていただき、おもちを焼いて入れてみました。

いぶたいママ

19/01/16

写真

小正月に炊きました!素敵レシピありがとう!

yukit0411

こちらこそ作って頂いて有難うございます

19/01/15

写真

家族も美味しい〜って 言ってくれました。

ダンシング・クイーン

うれしいです、れぽ有難うございます

18/02/03

写真

関東人なので塩味は初めてでした♪さっぱりと食べられていいですね!

ましけ3

素敵なコメントのつくれぽ有難うございます

ステビアさん 2010年01月15日 05:06
我が家では、代々新年に餅花を神棚にお飾りしています。地域によって風習が違いますよね(´ё`)
Profile ひろりろりんりん 2010年01月15日 08:36
奈良の実家でも、今朝はほんのり塩味で焼餅を入れて“小豆のおかゆ”を食べていると思います。父親が大好きなんです。
子供の頃は、7日の七草(草のお雑煮)は大好きで15日の小豆のおかゆは少々苦手な朝ごはんでした。
主人の実家は小豆粥を食べる習慣がなく、職場でも小豆粥を食べる人はほとんどなく...毎年さびしい気持ちになっていました。
今日、とほほさんのレシピが取り上げられていて、とても懐かしく嬉しくて思わずコメントしてしまいました。
そういう私も、今日が15日だということをすっかり忘れていました。遅ればせながら、明後日の朝食は大好きになった小豆のおかゆを食べようと思います。
Profile ひろりろりんりん 2010年01月15日 08:49
奈良の実家でも、今朝はほんのり塩味で焼餅を入れて“小豆のおかゆ”を食べていると思います。父親が大好きなんです。
子供の頃は、7日の“草のお雑煮”は大好きで15日の“小豆のおかゆ”はちょっと苦手な朝ごはんでした。
主人の実家では小豆粥を食べる習慣がなく、職場で聞いてもほとんど食べる人がいないので、この時期さびしい思いをすることが多かったのです。
そういう私も、今日が15日だとすっかり忘れていてとやかく言える立場ではないのですが...とほほさんのこのレシピが取り上げられていて、懐かしくて嬉しくて思わずコメントしています。
遅ればせながら、昼休みに小豆を浸けて明日の朝ごはんに“小豆のおかゆ”を炊いて食べますね。
とほほ 2010年01月15日 17:43
>ステビアさんさんへ
コメントありがとうございます。
我が家では生まれた時からこうしていたので
週刊でこうしています。
地域によって様々な行事ですが楽しいですね。
とほほ 2010年01月15日 17:46
> ひろりろりんりんさんへ
やきもちの香ばしい香りがいいですよね。
私は ひろりろりんりんさんとは逆で七草は苦手で
小豆のほうが楽しみでした。
小豆粥を食べながらまさかピックアップされているとはつゆ知らず…選んで頂いたスタッフの方に感謝です。
素敵なコメントありがとうございます。
とっても嬉しいです。
プラバール 2010年01月17日 01:29
とほほさん、

はじめまして。ピックアップレシピで拝見し、コメントしています。

日本でも、僕の故郷インドと同様、小正月を祝うと知り、とても嬉しかったです。インドの場合は、1日早い、つまり小正月の大晦日にあたるのでしょうか、緑豆とごまをいただくのですよ。でも、お祝いの理由はほとんど同じで、健康を祈念します。

とほほさんのレシピから新しいことを教わり、とても嬉しかったので、勝手ながら僕の日記にも、とほほさんのレシピを参照しました。

ありがとうございます。:)
とほほ 2010年01月18日 11:44
>プラバールさんへ
コメントありがとうございます。
インドにも小正月をお祝いする、お食事があるんですね。
私もプラバールさんから頂いたコメントで知りました。
素敵なことを教えて頂き嬉しいです。有難うございます。
こうして違う文化を学びあえたこととても素敵なことですね。

プラバールさんのレシピぜひ今度作ってみます。
こちらこそ、素敵な文化を教えて頂きありがとうございます。
コメントを寄せて頂き感謝していおります(^^)
これからもどうぞよろしくお願い致します。