ポテトの肉詰め      (ペルー料理)

ポテトの肉詰め      (ペルー料理)

Description

Papa Rellena(パパ・レジェーナ)。 パパはポテトのこと。スペイン人はそれをパタタと名づけヨーロッパに広めた。

材料 (4人分)

じゃが芋
1kg (7~8個)
挽肉
250gr
玉ねぎ
1個
玉子
3個
小麦粉
適量
塩胡椒(お好みでクミン粉)
少々
より本格的に作りたい場合
レーズン
大2
ブラック・オリーブ(みじん切り)
4粒
アヒ・パンカ(トマトペーストで代用可)
大1

作り方

1

半分に切ったじゃが芋と卵2個を茹でる(もう1個の卵は衣用)。 茹で湯を捨て水を入れ、じゃが芋の皮を剥き温かいうちに潰す。

2

茹でた卵は剥いて1cm角に切っておく。 玉ねぎを0.5cm角にみじん切りにする。ニンニクは包丁の腹で潰してから細かく切る

3

フライパンに油を引き、玉ねぎ→ニンニクの順に炒める。そこへ挽肉を入れ、塩、胡椒(&クミン粉)で味を付け、2の卵を加える。

4

お好みでレーズンや切ったオリーブ、アヒ・パンカ (orトマトペースト)を加えて一緒に炒める。肉に火が通ったらすぐ消す。

5

写真

1に塩小匙1を加えて手でこねる。人数分の玉に分け、手の平に広げて具を大匙1を乗せる。包み込むようにじゃが芋を閉じる。

6

トレーに小麦粉を広げ、もう一トレーには溶き卵を入れる。揚げ物鍋に大量の油を入れ火にかけて温める(充分注意を)。

7

写真

じゃが芋の包み物に小麦粉を塗し卵に潜らせ、揚げる。スキンマーで掬い、サルサ・クリオージャと一緒に食べる。ご飯とも合う。

コツ・ポイント

割れにくい仕上がりにするためには、粘りのある芋を混ぜるといいそうです。ペルーではキャッサバ芋(ユカ芋)を混ぜる人がいますが、日本なら長芋や山芋を、例えば15cm分を同じ量のじゃが芋と取り替えて、じゃが芋と一緒に茹でて潰すのもいいと思います。

このレシピの生い立ち

スペインにはエンパナーダいう、生地を折りたたんで挽肉などの具を包むパンがあり、それがこの料理の原点です。
レシピID : 1314635 公開日 : 10/12/23 更新日 : 16/08/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

5 (5人)

18/08/21

写真

レーズン入り!形が少し変わりましたが、ジヤガ芋おいしい!

(*あωや*)

じゃが芋美味しいですよね!レーズン入り私も大好きです!

16/02/13

写真

ボーイスカウトで作りました(^^)子供達に大受け♡

hime3

すごい!ボーイスカウトで!嬉しいです!

15/09/08

写真

ペルー人の旦那に作りました^_^

rena0107

おー!とても美味しそうです!つくレポ嬉しいです!

12/11/30

写真

ペルー人の友達と作りました。本場の味だって感動してましたよ!!

MeinSTL

ありがとうございます!私もそれを聞いて感動しています^^