どんどん焼き✿まゆ玉✿

どんどん焼き✿まゆ玉✿
日本の伝統行事、どんど焼き。まゆ玉の色つけに工夫してみました。自然なものからで安心☆

材料

米の粉(上新粉)
500g
熱湯
適量
✿色
●赤
梅の漬け汁と梅肉(刻む)
●黄
うこん
●緑
抹茶
●茶
ココア(ココアミルクでも)

1

大きなボウルに米の粉を入れる。熱湯を少しずつ加えてこねる。耳たぶくらいのやわらかさにし、1つに丸くまとめる。

2

色をつける場合は、その色分分ける。今回は5つに分ける。

3

写真

色をつけるものは食紅でいいのですが、今回は自然なもので色をつけることにしました。

4

写真

色はそれぞれ小さじ1~2を少量の水に溶かす。薄めすぎないこと。

5

それぞれ分けた団子をボウル入れ、少しずつ色を加えていく。入れすぎると水っぽくなります。その場合は、粉を少しまぶして調節。

6

それぞれ1つにまとめ、小分けにしていく。丸めて形作る。いろいろな形にしてもいいですね。

7

蒸し器を用意し、ふきんを蒸し器に入れて、その上にまゆ玉をのせる。蓋をして、出たふきんは蓋にかぶせる。

8

20分くらい蒸す。色別に蒸す。バットに蒸したまゆを乾くまで並べておく。

9

写真

乾いたら柳の木の枝に飾る。
どんど焼きの日まで部屋に飾る。

10

写真

どんど焼きへ持って行ってまゆ玉を焼いて食べよう。

11

写真

今年はウサギ年なので梅味の赤はウサギさん。

12

写真

焼いてきましたぁ・・・。もちろんトースターでもできます!!
砂糖やあんこをつけると美味しいです❤

コツ・ポイント

お砂糖を加えると長持ちします。

このレシピの生い立ち

しめ縄や松飾り、達磨などを集めて燃やし“神送り”をするのと一緒に、「まゆ玉」を焼いて食べるのが風習。焼けたまゆ玉を食べると一年間無病息災で過ご背ますように…と。
毎年、作っているまゆ玉✿今年は自然な味を出したくて。工夫。
レシピID : 1324464 公開日 : 11/01/09 更新日 : 11/01/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

17/01/14

写真

食紅使わず着色したいと探していました〜抹茶のアイデア拝借、感謝!

まめたべまめた

自然の甘みでいいのよ。体に優しい繭玉~(^▽^)/

11/01/30

First tsukurepo mark
写真

色付けは自然の物で!梅酢や抹茶、JAのかぼちゃパウダーを使用♪

はなこう

かぼちゃも色づけにいいですね~♪ありがとうです。