エチオピアのパン インジェラ

エチオピアのパン インジェラ
エチオピア料理にかかせないインジェラ。フライパンでミニサイズで作りました。エチオピアカレー(ワット)やサラダをのせて。

材料

イースト
小さじ1
テフ
1カップ
小麦粉
2カップ
発酵に3カップ、のちに足す

1

写真

材料を全部プラスチック等の入れ物にいれ、泡立て器でだまがなくなるまでよく混ぜます。

2

写真

容器の上にふきんをかけ、ゴムでしばって常温におきます。温度によって1日から3日観察します。

3

写真

ふきんをとって観察します。見ている間にもぶくぶくゆっくり泡がたっている頃がベストタイミングです。酸味があります。

4

発酵したたねに適量水を加え、クレープ生地とホットケーキの中間のトロトロの状態にします。

5

写真

たねはホットケーキとクレープの中間のうすさです。くっつかない加工のされたフライパンを使用し、たねを流します。

6

写真

フライパンにたねをいれたらすぐふたをします。30秒くらい、蒸気がふつふつと出てくるまで待ちます。

7

写真

パンケーキのようにひっくりかえさず、白い部分がなくなり、ふちが上がってきたらフライ返しと手ではがします。

8

写真

焼くのは片面だけです。たくさん作って重ねておくと、しっとりしてきます。プラスチックの袋にいれて食べるまで保存します。

9

写真

いろいろな種類のカレーやサラダをのせていただきます。(写真はフルサイズのインジェラ)

コツ・ポイント

テフ(Teff)とはエチオピアでとれる穀物で、そば粉に似ています。アメリカでも通信販売で買えます。テフなしでもそれなりにおいしいです。タイミングを逃すとフライパンからはがれづらくなり、味もまずくなるので、泡立ち具合を観察します。

このレシピの生い立ち

同僚がいつもくれるインジェラとワット(エチオピアカレー)にはまり、今や、私にとってはごはんと並んでなくてはならない食べ物になりました。酸っぱいクレープのような感じですが、カレーの汁がスポンジ上のパンの中にしみ込んでおいしいんです。
レシピID : 1366581 公開日 : 11/02/20 更新日 : 17/03/29 English version

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile egechan 2017年03月29日 09:47
1)材料の1カップとは重さでどれくらいですか?
2)テフの有無で風味はどう違いますか?テフ入りだとそばに近い風味になるのでしょうか
Profile ぷよえり 2017年03月29日 10:51
小麦粉とテフは1カップ約120グラムになります。
すみません、今気がついたのですが、水の量が材料リストに入っていませんでした。水は、最初「ドロドロ」になる程度入れ、発酵した後は、クレープのような薄いトロトロ感になるくらいに水を足します。
テフが入ると酸味が増し、発酵が早くなります。本来エチオピアではテフのみのインジェラが主流とのことで、そば粉より粘度が高いように感じます。
コメントありがとうございます!