Ken房の本腰☆The ローストビーフ☆

Ken房の本腰☆The ローストビーフ☆

Description

肉は赤身より少し脂が入っていた方が、柔らかくて美味しいです☆
おもてなし料理、X'mas、お正月にもどうぞ!

材料 (4人分)

牛リブロース等の塊肉
700g(写真例)
塩、粗びき胡椒
少々
タレの部
玉ねぎ擦りおろしか微塵切り
1/2個分
焼肉のタレ(甘口)
レンゲ4杯
砂糖
レンゲ1杯
醤油
レンゲ1/2杯
ニンニク擦りおろし
大1片
洋からし、わさび、ホースラディッシュ、粒マスタード等
お好みで

作り方

1

写真

牛リブロースの塊に塩胡椒を少々し、フライパンで全部の面を強火で5秒位ずつ焼く。
油は使いませんでした。

2

写真

オーブン220℃余熱無しで30分。
g数で加減してください。
写真は700g

3

写真

タレの材料をよく煮て甘めに仕上げます。
水分が足りなければ水を加えてください。

4

写真

Mレアを目指すので微妙な加減です。
鉄串など刺して下唇に生ぬるい熱が伝わればOK
余熱開始5分頃には試して下さい。

5

写真

汁は少し別皿に取っておきます。
次の行程で、肉全体にタレをかけるためです。

6

写真

5mm~8mm位に肉を切って盛り、取りおきしたタレを肉全体にかける。
私は粒マスタードを添えました。
ハイ!出来上がり☆

コツ・ポイント

玉ねぎの苦味が気になる方は、超細かい微塵切りで炒めてキツネ色になったら、焼肉のタレと合わせてください。
私は、タレが冷えた時に脂が浮くのが嫌だったのでバター等使って炒めるのではなく、すりおろしで煮込みました。
リンゴのすりおろしも有り☆

このレシピの生い立ち

新橋の美味しいお店のコピーです。
ビックリするほど美味しかったので、思わずコピーしました。
肉に玉ねぎのタレとお好みのからし等をつけて戴きます。
クレソンを飾りつけても綺麗ですね☆
もっとレアでもいいので、時間は短めがコツですね。
レシピID : 1378036 公開日 : 11/04/21 更新日 : 11/09/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」