ウリと言えば粕漬!ウリの粕漬の漬け方

ウリと言えば粕漬!ウリの粕漬の漬け方
ウリと言えば粕漬。「ベジレンド 味つけ酒粕」を使えば、意外と簡単に漬けられます♪

材料 (ウリ 3kg分)

〈下漬用〉
ウリ
3kg(6本程度)
600g
〈塩抜用〉
二番粕
2kg
(二番粕がない場合は、1%食塩水で代用)
〈本漬用〉
ベジレンド 味つけ酒粕
1袋(2kg)
適宜

1

写真

〈下漬〉
ウリを縦半分に割り、わたを取ります。
(わたが残っていると傷みやすくなります。)

2

写真

オケの底に塩を振り、ウリの内側に塩を十分ぬりつけて、切り口を横にして並べます。

3

写真

上から見るとこんな感じです。

4

写真

一段並べたら塩を振り、これを繰り返して漬け込んでいきます。

5

写真

4kgの重石をして4~5日間下漬します。

6

写真

下漬したウリをザルに上げ布巾で水気をよく拭き取ります。

7

写真

二番粕(一度使用した酒粕)をオケの底に敷き、ウリの切り口を下にして並べ、その上を二番粕で覆います。

8

写真

オケに新聞紙などで蓋をし、ゴミなどが入らないようにして冷暗所に10~20日間置き、塩抜きをします。

9

二番粕が手に入らない場合は、塩漬ウリを1%の食塩水一晩浸して塩抜きをします。

10

写真

〈本漬〉
清潔な布巾で、塩抜きしたウリについた酒粕や水気をよく拭き取ります。

11

写真

オケの底に「ベジレンド 味つけ酒粕」を敷き、ウリの内側に「ベジレンド 味つけ酒粕」を詰め、下向きにして並べます。

12

写真

酒粕とウリを交互に漬け込み、一番上には「ベジレンド 味つけ酒粕」を多めに敷いてください。

13

写真

最後に酒粕の上部全体に焼酎を振りかけて殺菌し、ラップをぴったりと密着させ、新聞紙でフタをして、冷暗所で保存します。

14

写真

本漬け後1ヶ月頃から食べられます。食べごろは3ヶ月目頃です。酒粕を洗い流して、適当な大きさに切ってお召しあがりください。

15

塩水塩抜きしたものは、保存期間が短くなりますので、3ヶ月を目安に食べきるか新しい粕床に漬け替えてください。

コツ・ポイント

・4ヶ月以上漬ける場合、粕床を新しいものに取り替えていただくことをおすすめします。奈良漬のような、より熟成感の強い粕漬になります。取り替えた粕床は冷蔵保存しておくと、翌年の粕漬の際に二番粕としてご使用いただけます。

このレシピの生い立ち

夏の代表的な野菜の1つはウリですね。薄くスライスして浅漬けにしてもおいしいですが、やっぱり粕漬が一番です!
レシピID : 1430570 公開日 : 11/05/06 更新日 : 14/06/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

11/10/29

First tsukurepo mark
写真

うりは粕漬け!!おいしいわぁ。

ユーロン