宝蔵院流槍術 狸汁

宝蔵院流槍術 狸汁
宝蔵院流槍術は、奈良が発祥の武道です。興福寺子院・宝蔵院の僧・胤栄が約450年前に十文字鎌槍の操法を創始し、現在に伝えられています。胤栄より歴代、正月の稽古始に伝習者へ「狸汁」を供することが伝統行事として伝えられていました。

材料 (4人分)

コンニャク
1丁
大根
1/2本
ニンジン
1/2本
サトイモ(小芋)
12個
ゴボウ
1/2本
1枚
白味噌・赤味噌
ごま油
醤油

1

昆布・カツオで出汁を取る。

2

写真

コンニャクは一口大に手でちぎり、湯がく。

3

ゴボウは皮をむき、乱切りにし、水に晒す

4

写真

サトイモ(小芋)の皮をむく。大根、ニンジンは皮をむき、一口大乱切り。うすあげは、1㎝くらいの短冊切り

5

写真

鍋を熱く熱し、ゴマ油を引く。②のコンニャクを入れ、チリチリ・キュッキュッと音が鳴るくらいに炒め、醤油を垂らす。

6

写真

⑤に③のゴボウ、④の大根、ニンジン、サトイモ(小芋)を加え、ざっくり炒める。

7

写真

⑥に、①の出汁をかぶる程度加え、④のうすあげを入れ、煮る。

8

煮上がると、赤・白味噌ほぼ同量で味付け。一煮立ちで火を止める。

9

椀に盛りつけ、好みで七味又は山椒を振っていただく。

コツ・ポイント

宝蔵院「狸汁」は、三代頃までは実際の狸肉を使用していましたが、寺院内であるため歯ごたえが似ているところから、蒟蒻(こんにゃく)を狸肉に見たてた精進料理へと変化しました。

このレシピの生い立ち

宝蔵院流槍術は、奈良市中央武道場を中心に約80名の伝習者によって稽古を続けております。そして宝蔵院「狸汁」を、平成15年の稽古始に初めて復元し「狸汁会(たぬきじるえ)」として復活いたしました。この日は伝統に則り伝習者に供すとともに、多くの稽古始見学者の方々にも味わっていただきました。今後も宝蔵院の伝統行事として毎正月に開催する予定です。
レシピID : 143903 公開日 : 04/05/18 更新日 : 04/05/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

13/08/28

First tsukurepo mark
写真

たぬき鍋なるものが本当にあるのか知りたくて作りました。

m_gu_m_gu

美味しそうです。お味はいかがでしたか。

Profile m_gu_m_gu 2013年08月29日 07:04
京都に住んでいるので、味噌の専門店で白味噌と合わせ味噌を買いました。味噌味が染み込んでいて美味しかったです。狸の歯ごたえを想像しながら食べて楽しかったです。