Renaissance Cafe’s Scone

Renaissance Cafe’s Scone
Warwickにある小さなお店ルネッサンスカフェ・・・オーナー手作りのスコーンは、アプリコットの香りとクランベリーの酸味がきいた大人の味。お子様はメイプルシロップを少しかけてどうぞ。

材料 (8ピース分)

薄力粉
2カップ(1カップ=200cc)
1/2カップ
小さじ1/2
バター
100g
クランベリー
20粒
アプリコット
1個半から2個
ミルク
80~100cc
打ち粉
適宜

1

写真

材料と道具がそろったら、オーブンの温度を210度にセットする

2

写真

アプリコットは、小さい角切りにする。

3

写真

薄力粉にグラニュー糖、塩をよく混ぜ、茶漉しを使ってベーキングパウダーを入れてよく混ぜる。

4

写真

ペイストリーブレンダーを使ってバターを小さくしながら粉とよく混ぜる。

5

写真

バターが米粒大の大きさになって粉がクラム状になったら、フルーツを入れて、さっと粉をまぶすように軽く混ぜる。*混ぜすぎない

6

写真

ミルクで生地を一まとめにして、丸く円形に固める。*この手順で一つにまとまらないようだったら、ミルクを少しずつ追加、べたつく時は打ち粉をふって調整する。ラップをかけ冷蔵庫で30分ほど休ませる。

7

写真

放射状に八等分に切り分ける。理由はわからないけど、なぜだかアメリカでスコーンというとこの形。*実はこれ・・・スコットランドが発祥地のお菓子で、スコットランドの伝統的な形だということが、林檎飲料さんの情報にて判明。

8

写真

オーブントレイに間隔を少しあけて並べ、210度のオーブンに入れ、10分から12分焼いて出来上がり。

コツ・ポイント

フルーツのせいで生地がまとまり難いようです。そんなときは手順のミルクを入れる前に、ジップロックに移して作業をするとやりやすくなります。
参考レシピは、舘野響子先生に初めて習ったスコーンを元に、分量を割り出しました。

このレシピの生い立ち

スケートのブレードをシャープニング(研きに)行くたびに、スケート専門店のそばにあった小さいカフェで必ず食べていたスコーン。
3年前に、スケート専門店が引っ越してしまい、頻繁にはいけなくなってしまいましたが、お気に入りのスコーンです。
レシピID : 14465 公開日 : 01/02/02 更新日 : 11/11/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
珠姫 2001年02月02日 10:32
こんにちわ!(^-^)/
珠姫です。

スコーン作りたいです!
この三角のが作りたかったんですー。
(スターバックスコーヒーのと同じ(^^))

このレシピの1カップは、日本の1カップとは
違いますか?
アメリカの1カップは、225mlとか240mlとか
聞くのですが…。

教えて下さいませ。m(__)m
Munchkin's Mom 2001年02月02日 10:40
珠姫さん、こんにちは。

この1カップは日本の・・・と言ってよいのでしょうか?
1カップ=200ccで作りました。

ちなみにアメリカの1カップは250ccです。

でもこれって、大事なポイント・・・表示を直しておきますね。

また、疑問に思われる点が見つかったら、遠慮なく書き込んでくださいね。
ではでは・・・
珠姫 2001年02月02日 15:42
早々にお返事ありがとうございました!(^_^)

200のでいいんですねー、よかった。
アメリカの1カップって、240っていうのも
見掛けているので、いつくかあるのかしら?

Munchkin's Momさんのレシピ、美味しそうなのが沢山ですねー、他のも作ってみたいです!
これからもよろしくお願いします。m(__)m
(^-^)/
JaneAusten 2007年12月24日 15:18
レシピありがとうございます。アプリコット大好きなので、嬉しいお味が楽しめました。初心者なので質問ですが、これはちょっとソフトな仕上がり、というのが「本来の姿」なのですよね?それともわたしの作り方が悪いのかしら・・・。ちなみに使ったアプリコットは半生タイプです。
Munchkin's Mom 2007年12月25日 00:01
JaneAustenさん
コメントありがとうございます。

写真がわかり難いですが、あまり膨れ上がらないタイプで、ひび割れた微分はカリッと中は柔らかめです。
型抜きしないので、ささっとまとめるために他のスコーンレシピよりミルクの量が多いかもしれません。
固めがお好みでしたら、ミルクの量を少し減らしてみてください。

アプリコットの半干しは家でも常備してありますが、フレッシュでも水分はさほどないので、あまり違わないように思います。

多少ボロボロでもビニール袋に入れて冷蔵庫で寝かせると生地が落ち着きますので、それを軽く延ばし切り分けて焼いて見てください。

私は手抜きでこの袋に入れて寝かす作業をしないので、それもさくっとしない理由の一つだと思います。

JaneAustenさんのお名前からはリンクが切れているのですが、もしかしてこの質問を書き込んでいただくために登録してくださったのでしょうか?

またなにかまた、疑問に思われる点が見つかったら、遠慮なく書き込んでくださいね。
JaneAusten 2007年12月25日 08:06
クリスマスのお忙しいときに、早速ご回答ありがとうございます。

やわらかめでよかったのですね。スタバ系のスコーンだと中までわりとドライな感じですので、お聞きしたかっただけで、このしっとり系、とてもおいしいと思っています。これからもMunchkin's Momさんのオリジナルレシピで作って、ルネサンス・カフェにいる気分で味わいたいと思います。

「リンクが切れている」というのはよくわからないのですが(クックパッド初心者です)、何か失礼なことをしてしまったのでしょうか?だとしたらごめんなさい。最初に登録したまま、何の設定変更もしてないはずなんですが。

わたしも米国におりましたが、滞米中、Paneraのオレンジスコーンが大好きになり、それから米国風スコーンを焼くようになりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。