定番バニラシフォン

定番バニラシフォン
バニラの芳醇な香りがたまらないシフォンケーキです。失敗の原因になりやすい水分量を最小限に抑えつつもしっとり感もばっちり!

材料 (14cmシフォン型)

卵白
3個
3個
サラダ油
28g
15cc
薄力粉
60g

1

写真

よく冷えた卵白をボールに入れてグラニュー糖(30g)を3回に分けて入れながらハンドミキサーでメレンゲを作る。

2

写真

角がピンと立つまでメレンゲを立てたら、ホイッパーに持ち替えてぐるぐると20回ほど混ぜてキメを整える

3

写真

別のボールに卵黄とグラニュー糖(25g)としごいたバニラを入れてハンドミキサーで白っぽくなるまであわ立てる

4

写真

サラダ油と水を順に入れて(順番は逆でもOK)、都度ハンドミキサーでしっかりとあわ立てる

5

写真

振るった薄力粉を卵黄のボールに入れてハンドミキサーで粘りがでるまでしっかりと混ぜる

6

3→4→5の作業をきちんと行い、卵黄を上手く乳化させないと空洞の原因になることがあります

7

卵黄のボールの中にメレンゲの1/2を入れて、グルグルとしっかりホイッパーで混ぜる(メレンゲがつぶれてもOK)

8

写真

残りのメレンゲを入れたらホイッパーメレンゲが残らないようにさっくりと混ぜる(怖がらずにしっかりと混ぜて下さい)

9

写真

シフォン型の一箇所に生地を流し込んでいき、全て注いだら菜ばしでグルグルまわして空気をつぶす

10

160℃(電気オーブンなら170℃で45分焼く

11

じっくり焼くことで底上げを防ぎます

12

写真

焼きあがったら逆さにして荒熱を取り、冷蔵庫でしっかりと冷やしてから型を抜いていく

13

冷蔵庫に入れてしっかりと冷やすことで、シフォンの生地が締まって型外しがやりやすくなります

14

写真

水分量は20g程度まで増やせます。さらにしっとり感が出て美味しくなりますが、失敗の確率も高くなるので注意!

コツ・ポイント

メレンゲ作りをしっかりと行ってください。卵黄と同分量なのでしっかりとたてておかないと膨らみが悪くなります。手順6、11、13、14に各作業のポイントを記入しています

このレシピの生い立ち

シフォンケーキの中で一番よく作る「定番バニラシフォン」
いろんな失敗が起こりやすいシフォンケーキですが、出来るだけ失敗なく美しくて美味しいシフォンケーキを求めている中で、今一番気に入っているレシピです
レシピID : 1525307 公開日 : 11/08/17 更新日 : 11/08/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」