マクロビオティック基本の玄米ごはん

マクロビオティック基本の玄米ごはん

Description

主食の玄米をお鍋で炊いてみましょう!今は圧力鍋を使っていますが、以前はこれで炊いていました。古い知識で書いていたので、改訂しました。

材料 (3人分)

玄米
2合
3カップ
自然の塩
ひとつまみ

作り方

1

玄米を洗います。最初の水はさっとすすいですばやく捨てます。2、3回ほど水を替えお米をすすぐ感じで洗います。白米のように研がなくてOK

2

3

水をいれて夏場は2、3時間(お水がいたまないよう、室温に注意)冬場は一晩(6時間以上)置きます。
浸水時間は「望ましい」時間です。つけなくても炊くことはできます。

4

その後、沸騰するまでは中火で10分、沸騰後はルクルーゼなら20分、土鍋だと30分ほど弱火で炊きます。※市販されている炊飯専用の土鍋ですと、加熱時間が違います。ここで言う土鍋は2人家族で使うような小さな土鍋です。

5

20分~30分たったら、コンロからおろして10分~15分ほど蒸らします。ちょっとコツが要りますが(笑)鍋をひっくり返して蒸らすといい感じでした(^^)V

6

蒸らしおえたらあればおひつにうつして下さい。食べ残してしまったご飯は保存容器に移し、冷蔵庫へ。温め直しは出来るだけ蒸し器を用いたほうがベターです。

コツ・ポイント

2006年8月26日改訂しました。写真には昆布が入っていますが、無くて大丈夫です。一晩浸水してご飯を炊く場合はひよこ豆や黒豆、あずきなどを一緒に浸しておくとおいしい豆ご飯ができます。

このレシピの生い立ち

ルクルーゼの本に書いてあったご飯の炊き方を玄米に合わせて調整しました。
レシピID : 154607 公開日 : 04/07/31 更新日 : 06/08/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

09/07/18

First tsukurepo mark
写真

美味しく炊けました~♪♪

☆ayaya☆