鯛のあら煮付け

鯛のあら煮付け
最近は天然物が少なくなった鯛ですが、あらを煮付けました。付け合せは焼き豆腐です。

材料

鯛あら
2パック
番茶
1リットル
醤油
120cc
50cc
砂糖
大さじ10杯
土ショウガ
3切れ
焼き豆腐
1丁

1

写真

鯛のあら2パックを熱湯で湯どうしする。水で冷まして血や鱗を取ること。

2

写真

番茶を用意する。水を使わないほうが腐りにくいし、臭みもない。

3

写真

番茶をいれ、醤油砂糖料理酒と土ショウガをいれ、鯛を煮る。沸き立つ時にでるアクを丹念に取る。

4

写真

落し蓋をして15分ほど煮る。少し冷ますと味がしみ込む。

5

写真

煮汁を別の鍋にとって、焼き豆腐を煮る。味がしみたらいい。

6

盛りつけ写真は1人分です。30分。

コツ・ポイント

煮汁を沢山にしているのは、後で焼き豆腐を煮るためである。この煮汁でそうめんを煮ると鯛素麺となる。できれば鯛はすこし長く煮るといい。甘好きの人は砂糖を増やし、醤油が効いたほうが好きな人は醤油を増やす。コツは番茶である。

このレシピの生い立ち

何気ない天然鯛のあらをいただく。
レシピID : 1571374 公開日 : 11/09/15 更新日 : 11/09/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

14/02/16

First tsukurepo mark
写真

あらが売っていないので切身で作りました。とっても美味しかったです

ぱっとくっく

骨が入ると美味しさが倍になりますよ。