【簡単保存食】塩豚(生ベーコン)の作り方

【簡単保存食】塩豚(生ベーコン)の作り方
豚に塩をまぶすだけなんです。
イタリアではパンチェッタ、沖縄ではスーチキーといい、「肉の毒を出す」長寿の島の保存食です。

材料 (作りやすい分量)

豚バラかたまり肉、または豚肩ロース肉ブロック。
500g
小さじ2(食べる時は茹でて塩ぬきします。とっても美味しいスープがとれます。)
※好みでニンニクや黒こしょうや、ハーブをすりこんでも。
少々

1

写真

豚肉全体に塩、好みでにんにくをこすりつける。
あればローズマリーをまわりにくっつける。

2

写真

キッチンペーパーを巻いてラップで包む、またはジップロックに入れる。
冷蔵庫に入れて丸一日待つ!
翌日から食べられます。

3

写真

1〜2日おきに紙タオルを取り替える。冷蔵庫で10日間保存可能。
長く保存したものは、自然に生ベーコンになります。

4

写真

水に30分〜1時間ほどつけて塩抜きした後、オーブンで焼いてみました。
ジューシーで美味しい。
カルボナーラにも使えます。

5

写真

たっぷりの湯で塩豚をごく弱火で20分ほどゆでて塩抜きすれば、さっぱり美味しいゆで豚に。
スライスして焼いて食べると絶品!

6

【つけだれ】
・醤油 大3
・砂糖 大1
・酢 大1
・すりごま 大2
・おろしにんにく 小2
・おろししょうが 小1

7

写真

ゆで終わったスープはうまみたっぷりのビーフコンソメに。
このスープでラーメンや冷麺を作り、ゆで豚をのっければ完璧。

8

写真

レシピID: 2036655 塩豚を使ってうまみたっぷりのポトフ。
味つけは塩豚のうま味だけ。
コンソメなんて必要なし!

9

写真

[塩抜きせずに焼きたい場合】
塩を小さじ1/2に減らして一晩おく。塩分が行き渡り、肉の味が凝縮するので味つけは必要なし。

10

写真

【オーブン焼き】
沸騰した湯でサッとゆでこぼした後、耐熱皿にのせ、アルミホイルをかぶせて200℃のオーブンで30分焼く。

11

写真

野菜も一緒に耐熱皿に入れてオーブン焼き。
豚からの塩気が野菜に移って味つけいらず。
一度に肉と野菜のおかずが出来上がり。

12

写真

ゆで豚は中華バンズやピタパンにはさんで食べると美味しい。

13

写真

塩豚のサムゲタン風。
風邪を治す薬膳スープです。
作り方はレシピID:925586 参照を。
あたたまりますよ。

14

写真

ゆで終わったスープでご飯を炊いてピラフ。
お米がスープのうま味を吸ってます!
ゆでた塩豚はガーリックソテーに。

コツ・ポイント

【追記】
早くベーコンにしたい場合は、ラップをせずにキッチンペーパーに包むだけでバットにのせて、冷蔵庫に寝かしておきます。

このレシピの生い立ち

塩豚のサムゲタン風スープを作ったのがきっかけ。
レシピID : 1623545 公開日 : 11/12/01 更新日 : 18/05/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

200 (181人)

18/10/16

写真

焼いただけで美味でした!次は茹でます~ごちそうさまでした!

あたりめっこ

嬉しいです☆ありがとうございます(^^)またレシピ共有します

18/10/05

写真

熟成した塩豚が自宅でできて感激!

meg413

嬉しいです☆ありがとうございます(^^)またレシピ共有します

18/08/14

写真

袋ごと湯煎して胡麻油で焼き色をつけました!レシピ感謝です、

あんずめし

ありがとうございます(^^)嬉しいです☆またレシピ共有します

18/06/29

写真

美味しかったです!ゆで汁も野菜スープにして栄養バッチリです

アコちょこ

ありがとうございます☆嬉しいです^^またレシピ共有します!

1 2 3 4 5