(死んだ活きエビで)車海老の裏白しいたけ

(死んだ活きエビで)車海老の裏白しいたけ

Description

開封したら死んじゃってた車えび、一度に食べきれなくて、もったいないけど冷凍しちゃった車えび。美味しく食べましょう。

材料 (5個)

歳暮サイズ車えび
5尾
ひとつまみ
サラダ油
小さじ1
1個
少々
生シイタケ
5個

作り方

1

写真

殻をむいて、頭としっぽを取り除いた剥き身の車えび。スリバチでスル前に包丁の腹でエビを潰すと簡単。

2

写真

材料の塩・油・卵黄を入れてすりつぶし、すり身をつくります。

3

写真

軸をはずした椎茸の裏に、片栗粉をまぶしてから、2のスリミを塗ります。

4

写真

多めの油をしいたフライパンで揚げ焼きにします。

コツ・ポイント

本来は、ハンペンや、大和芋などで増量するものですが、御歳暮でもらった車えび。贅沢に使いましょう!配送途中の温度や、不在の持ち帰り、受け取ってからの室内の温度などで数尾は死んでしまう車えび(腐ったらダメ)。当日食べきれない車えび、贅沢に!

このレシピの生い立ち

歳暮で頂いた海老が、不在が重なったり保管温度が悪かったりして死んでいた時・・・どうやって美味しくたべようか??という相談を良く受けます。

どうせなら、普段はできない贅沢な料理に変身させてしまいましょう。

えび象におまかせ!!
レシピID : 1645636 公開日 : 11/12/07 更新日 : 11/12/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」