失敗しないザワークラウトの漬け方

失敗しないザワークラウトの漬け方

Description

キャベツの酸っぱい漬けもの,ザワークラウトを家庭でかんたんに漬ける方法です。

材料 (作りやすい量)

外側の葉,芯をとったキャベツ
1kg(実質)
自然海塩
35g
■酢
200ml
■水
500ml
■こしょう
少量

作り方

  1. 1

    写真

    大きいキャベツなら,半分くらいで実質1kgになる。
    できるだけ細く切る。

  2. 2

    写真

    キャベツを漬けもの桶に入れる。
    塩をふりいれ,混ぜながら少しもむ。

  3. 3

    写真

    2に中ふたをし,2.5kgの重石をのせる。

  4. 4

    写真

    3にふたをして,暗所に1日おく。
    途中で1回,上下を返す。

  5. 5

    写真

    翌日,ホーローかステンレスの鍋に,■印材料をいれ,火にかけてひと煮立ちさせ,冷ます。
    梅酒用広口ガラスビンに入れる。

  6. 6

    写真

    4の桶で水が上がったら,キャベツの汁気をしっかり絞り,5のビンに入れる。
    ポリ袋に水を入れ封をし,重石としてのせる。

  7. 7

    ふたをして,暗所に2週間〜4週間おき,熟成させる。
    濁ったつけ汁が澄んできたら食べられる。

コツ・ポイント

■印のつけ汁に,酢を入れて酸性にしておくのがポイント。雑菌が増えないで乳酸菌発酵がうまく進みます。
つけ汁の塩は,最小限の量です。
7の熟成期間は,気温により変わります。
梅酒用の広口ビンで,キャベツ2kg(実質)まで漬けられます。

このレシピの生い立ち

15年くらい前から,30数回つくって失敗なくできた方法です。夏の暑い時期以外は,室温で漬けられます。
レシピID : 1646226 公開日 : 11/12/07 更新日 : 11/12/07

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

3 (3人)
写真

2013年8月6日

このレシピ、今年で2年目です。アルザスの懐かしい味。ご馳走様。

ありがとうございます。懐かしい味が再現できてうれしいです。

写真

2012年7月16日

ドイツで食べた味と一緒ですごい感動です!有難うございます‘ω`❤

ありがとうございます。炒め玉ねぎ/ソーセージ煮込みにどうぞ。

写真

2012年5月20日

初れぽ

とってもおいしかったです^^ごちそうさまでした!

このおいしさは,くせになります。植物性乳酸菌もいっぱいです。

コメントを書くには ログイン が必要です