りんごの赤ワイン蒸し☆甘煮

りんごの赤ワイン蒸し☆甘煮
アイスクリームに添えてデザートに、炒め物など油料理に添えてみたり、お子様のおやつに、お弁当のお供に…と多彩に活躍するリンゴの赤ワイン蒸し(甘煮)。調理の際に出る果汁もおいしいよ♪
いろいろなレシピに活用できます。

材料 (2人分)

りんご
2個
大2(30ml)
砂糖
大2(30g)

1

写真

【材料】砂糖…コーヒーシュガー・グラニュー糖・上白糖、赤ワイン…1000円以下の廉価の赤ワインで充分です。

2

写真

りんご…酸味系の強い紅玉や国光、

3

写真

りんごを四つ割りにして皮と芯を取り除き、更に八つ切りにする。

4

写真

グラニュー糖を加えます。

5

写真

赤ワインを加えます。

6

写真

ラップ(フタ)をします。

7

写真

電子レンジ500Wで4分を目安にレンジ加熱します。

8

写真

レンジ加熱後、1~2分はラップを取らずにそのままにします。冷えていく時に果汁+赤ワインがりんごに染み込みます。

9

写真

出来上がりました!粗熱が取れたら冷蔵庫に保存します。

コツ・ポイント

酸味系の紅玉や国光がこのレシピには合います。富士など甘いリンゴは残念ながら余り向きませんね…。砂糖はサッパリしたコーヒーシュガーがおすすめです。もちろん、グラニュー糖や上白糖でもおいしくいただけます。赤ワインは廉価のもので充分です。果実をシャキっとしたい場合には短い時間で調節して下さいね。500Wは600Wの80%で計算してね。(例:600W2分は500Wで1分36秒です。)

このレシピの生い立ち

「焼きりんご」の作り方はどうするのか?…が、きっかけで皮はワックスがイヤだったので剥いて芯も取り除き、果実類と相性のいい赤ワインを加え、少し加糖してレンジ加熱してみたら…美味しいの何のったら、評判も高く、特に小さいお子様たちに大人気でした。色々な品種で試したけど、高値の甘味系よりも、安値の酸味系がこのレシピには合っていました。シナモンもいいかもネ…。
レシピID : 165367 公開日 : 04/10/18 更新日 : 04/12/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

07/05/19

First tsukurepo mark
写真

おいしくなかったりんごとワインを救済!甘さ控えめで大人向けに♪

Yちゃん食堂

いろいろと使えて便利なレシピです。

ここあっち 2004年10月18日 10:56
焼きリンゴが赤ワイン蒸しになっちゃった。考えてみれば、これってありそうなレシピだよね…。洋菓子で使われそうな感じ…。でも、れっきとした、ここあっちが考え出したオリジナルなんだよ~ん♪だから、未だに焼きリンゴの作り方を知らないんだ。勉強しよっと!
で、これ子供たちに大人気なんだよ。特に果汁が美味しいからおねだりされちゃうんだ。口の肥えたおばあちゃんさえ真似て作ってた。いろいろ試して紅玉や国光など酸味系の品種が合うよ~富士でやってみたけどいまいちだったなぁ…』と私が言っているのに、そのおばぁちゃんたら『お前ね!紅玉や国光なんかが、コイツには合うんだよ!』…だってぇ!?それ、オイラが、あんたにおせ~たんだろうにぃ! d(^-^) でしょ?
まひさママ 2004年10月26日 12:42
ここあっちさん、こんにちわ。
ご報告が遅くなりましたが、無事作ることが出来ました。
とっても簡単で、食感もよく、大人の味でした。
やっぱりお酒が弱いせいか、アルコールが抜けていてもワインの風味が残るので、私が独り占めして頂いてます。次女が特に気に入って、もっともっとと言ううのですが、酔っ払っても困るので・・・幼稚園児ですし。
いいレシピをありがとうございました。