おせち 至高の乾貨漬け

おせち 至高の乾貨漬け
とびきり豪華なおせち。酒飲みならこれ以上のものは不要でしょう。奥様は大助かり、こんな料理、誰が作るのでしょうか?

材料

乾鮑(ほしあわび)  戻したもの 1個
40g
干海参(ほしなまこ) 戻したもの
400g
魚肚(魚の浮き袋)  1枚乾燥時38g
もどして 約80g
干貝柱
30g
がごめ昆布
40g
日本酒
180CC
少々
醤油
少々
少々
砂糖
少々
お好みで
おろし生姜汁
少々

1

写真

浮き袋を戻しているところ、底にはニカワ質が分離して溜まってます。これも利用できます。捨てるところはありません

2

浮き袋は、臭み除去の為、食べやすい大きさに切ったら、熱湯に生姜汁をくわえたところで1分程煮込み直ぐに冷水にくぐらします

3

写真

ほしなまこも食べやすい大きさに切ります

4

写真

戻した乾鮑はこの程度にきります。

5

写真

貝柱は日本酒に漬け込んで1日経った物そっくり鍋に移し、煮込んでアルコールをとばしたあと 好みの味つけをします 

6

写真

がごめ昆布は既にカットしてあるものを使いました

7

写真

全ての材料をパックに入れ、好みの味つけをすれば あとはお正月まで、寝かせるだけです

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

今迄ご紹介した乾貨漬け、何か足らない そうです。乾し鮑がありません。主役を加えました。でも 究極と謳わないのは理由があります。それは 次回迄
レシピID : 1659250 公開日 : 11/12/26 更新日 : 11/12/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」