ゼラチンカバーで万能キャラ弁シートベース

ゼラチンカバーで万能キャラ弁シートベース
レチシンだけでなく ゼラチンも立派な乳化作用をもつ物質 水分の多いものにもオブラートに描いた絵を貼れるようにしてくれます

材料 (1個分)

桃半切
1個
大さじ1
海苔使わずキャラ弁シート

1

写真

5gで230mlのゼリー液ができる豚由来成分タイプのものを使用 牛骨由来が多いようですが狂牛病未発症の地のものだそうです

2

写真

ふやかし

3

写真

加熱し溶かします

4

写真

軽く表面の水分を拭いた桃缶をセルクルで整えます
その上に粗熱を取ったゼラチンをかけます

5

写真

冷蔵庫で数分で固まってきます

6

写真

キャラ弁シートを貼りました しっくり安定!

7

写真

周りがなじんだらデコります にじむことなくいい状態となりました レシピID :1605163

8

写真

充填豆腐でも試してみています

9

写真

海苔きりとしょうゆで作ったキャラ弁シート WATの小池君のつもり(^_^;)

10

写真

しっとりくっつき滲みません

11

写真

未発表でしたが24時間後 醤油がゼラチンに少し移行したものの滲んで白がはみ出すということはありせんでした

12

写真

オブラート感は全くなく カットも良好
美味しく快適に食べましたよ

コツ・ポイント

ゼラチンはすぐ固まるので 慣れればとてもお気軽ですよ 凹凸があるものには硬めにすれば大丈夫 
生クリームにゼラチン混ぜると型崩れしにくいですよ オブ生クリームケーキ成功の秘訣かも?

このレシピの生い立ち

水分が多くてオブラートが色素とともに溶けてしまったり
β化したオブラートがしわになってしまったり キャラ弁シートを張るには不向きと思われていたものに貼れるようにしましたよ!
レシピID : 1662849 公開日 : 11/12/31 更新日 : 12/01/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」