シナモンロールの作り方

シナモンロールの作り方
シナモンの肉桂の特殊な香りは、ドーナツ、クッキー、バターケーキの風味ずけに最適ですが、パンも特異な味わいを醸し出してくれます。コーヒー、紅茶と一緒に味わってみませんか?パン作りに初めて挑戦する人にも安心して簡単に作れるパンのレシピです。

材料 (2~3人分)

210g
ドライイースト
小1強(4g)
砂糖
大1(15g)
塩(A)
小1弱(4g)
バター
大1(15g)
溶き卵(A)
M2/3個
牛乳
110cc
▽ドリュール
溶き卵(B)
M1/3個
塩(B)
ひとつまみ(1~2g)
▽具材
シナモンシュガー
適宜

1

写真

【前述】当頁の表示配慮の為、ベンチタイム迄の手順は、ID:166477の『基本のパン生地-手順17』迄を閲覧下さい。

2

写真

ベンチタイムが終了した基本のパン生地。

3

写真

麺棒でパン生地を三角円形に伸ばす。厚さ3mm~4mm。

4

写真

シナモンシュガーをふり掛けて手元の広い方から巻きつける、更に「渦巻き模様」が見える側を上に向けて手の平で軽く押しつぶす。

5

写真

丸皿に油を薄く塗る。もしくは、キッチンペーパーを敷く。

6

写真

丸皿に並べたら霧吹きをしてラップを軽くかける。湯せんボール(湯の温度60℃)の上に乗せる。

7

写真

【二次発酵】約40分間。適当な容器(洗面器など)をかぶせる。更にタオルをかぶせると良い。

8

写真

二次発酵後、ドリュールを優しく塗る。※本来はハケで塗る

9

写真

オーブンレンジに入れる。

10

写真

【焼き上げ】190℃で19分間オーブン加熱する。

11

写真

焼き上がりました。火傷に注意する。

12

写真

網の上で冷ます。(パンの底に汗をかくので)温度が人肌になったら適当なビニール袋に入れて保存する。

13

写真

粗熱が取れたらビニール袋で保存しておく。ジッパー付きのクッキングシートも利用できる。

コツ・ポイント

◇具材の取り込みタイミングは、「▼レシピに関する話題」を参考にして下さい。
◇発酵の時の温度は40℃が理想です。◇シナモンシュガーの作り方(シナモンパウダー+グラニュー糖=1:1)

このレシピの生い立ち

ミスタードーナツのシナモンロールは美味しいドーナツですね。でもここは、ロールパンのアレンジです。油で揚げていないところが違います。
レシピID : 166574 公開日 : 04/10/25 更新日 : 05/06/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
ここあっち 2004年10月25日 17:41
①「こね上がり」の寸前に「混ぜ込む」…具材が細かいものに適する。
②「成形」の段階で「巻き込む」…具材に形状があるのもに適する。
③「ドリュール」を塗る前にナイフでカットして「入れ込む」…とろけるチーズなど加える時に適する。
ここあっち 2004年10月25日 17:43
スキムミルク大1強(20g)+水110ccで代用する。
ここあっち 2004年10月25日 17:44
溶き卵に塩を加えたもの。(或いは、溶き卵に水のみ)パンの表面につやを出すためのものです。
二次発酵したばかりの生地はとても柔らかいので清潔なハケを使い優しく塗りましょう!
ここあっち 2004年10月25日 17:51
◆シナモンスティックは、形状をいかしてそのままシチュー、ピクルス、飲み物の香付けのマドラーとして使う。粉末になっているものは、クッキングハーブとブレンド用に使う。<主な料理>ケーキ、パン、クッキー、プディング、リンゴやピーチのシロップ煮やパイ料理などに…。