自家製味噌作り

自家製味噌作り
自分で作った味噌は豆の味がいきてておいしい!自家製味噌で作るお味噌汁は格別です(^-^)

材料 (出来上がり 約4kg)

乾燥大豆
1kg
米麹
1kg
天然の塩
480g
適量
昆布
20cmくらい

作り方

1

味噌作りの前日に、大豆をよく洗いたっぷりの水につけておく。何倍にも増えるので大きめの容器でつけるといい。

2

鍋に大豆と大豆より少し多目の水を入れて沸騰させる。

3

写真

沸騰するとアクが泡になって出てくるのできれいになるまで取り除く。火加減は中火強火にし、薄皮も浮いてきたら取り除く。

4

【圧力鍋で煮る場合】鍋の豆を煮る規定量まで入れ何回かに分けて煮る。落し蓋をし、加圧15分で自然冷却させる。

5

【鍋で一度に煮る場合】2時間くらい弱火でコトコト煮る。

6

写真

その間に米麹を細かくほぐす。手でこするようにすると早くほぐれる。一握りの塩を残して米麹と塩をよくすり混ぜる。

7

豆が指で潰せれるくらい柔らかくなったら煮汁を1カップくらい残しザルにあげる。

8

写真

熱いうちにポテトマッシャーで潰す。一度に潰す場合は漬け物袋に全部入れて麺棒でたたくと簡単。手や足で潰してもいい。

9

人肌くらいの温度になったら、つぶした大豆と、塩切りした麹をよく混ぜる。麹を潰さないようにする。

10

袋で潰した場合は、その中に麹を入れて混ぜるとやりやすい。

11

ギュッと握って崩れない硬さになるようにとっておいた大豆の煮汁を少しずつ入れて調整する。

12

水分が多すぎるとカビの原因になるので注意。カップ1/2〜2/3が目安。

13

保存容器を(漬け物樽が安くておすすめ)洗って乾燥させてから、ホワイトリカーなどで消毒する。

14

漬物用のポリ袋を2枚重ねて樽にいれる。

15

大豆を拳大の団子状にして樽に投げつけながら入れていく。空気を入れないように思いっきり入れる。空気が入るとカビの原因に!

16

写真

表面を強く押しながら平らにならし、残しておいた塩をまんべんなく振り、表面をきれいに拭いたこんぶを入れる。

17

回りについた大豆はアルコール消毒したキッチンペーパーできれいに拭き取る。ラップを表面にピッタリとかぶせ袋の口を縛る。

18

写真

アルコール消毒した落し蓋(お皿)をして1kgくらいの重石を置く。重石はよく洗った石をポリ袋に入れた物でも代用可。

19

最後にほこりなどが入らないように桶をポリ袋にいれる。

20

冬場は少し暖かい所に置いて、春頃には家の中で1番涼しい場所に置く。

21

写真

6月〜7月くらいに一度だけ天地返しをする。下の方からかき混ぜて、表面を平らにならして塩をうすく表面にまんべんなく振る。

22

表面にラップをかけ、ビニール袋を縛る。水分がでていないようなら重石を半分くらいの重さにし、水分が出ていたらはずす。

23

蓋や桶の端に味噌がついたらアルコールで拭き取る。夏頃になるとカビが生えてくるのでそこだけこそぎ取り、塩を振っておく。

24

たまにカビが生えているかチェックして、後はほかっておく。10月〜11月くらいが食べ頃。一年を目安に食べ切るといい。

25

写真

11月にはカビも生えずに美味しい味噌になりました!

コツ・ポイント

大豆を分けて煮る、潰すのが大変なので一度にやる方法を追記しました。潰す、混ぜると袋一枚でできるので楽です。

昆布は天地返しの時に出します。

このレシピの生い立ち

毎年恒例の味噌作り。おいしくできたので今年も作りました。覚書です。

レシピID : 1692237 公開日 : 12/02/05 更新日 : 15/01/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (6人)

15/12/28

写真

前回とても美味しく作れたので、また挑戦してみます♪

モザイクカケラ

年々腕が上がって美味しい味噌が出来ると思います(^_^)v

15/01/10

写真

頑張って 大豆4.5キロで作りました。食べるのが楽しみです

にじすき

4.5kg!大変な分出来上がりが楽しみですね。れぽ感謝です!

14/02/03

写真

手前味噌つくり、楽しいですね♡お塩の振りかげんが少ないかしら?

エレンバ

塩が多めの方がカビが生えにくいです!れぽ感謝^o^

13/02/04

写真

初めての味噌作り、出来上がりが楽しみです♪

モザイクカケラ

カビだけ気を付ければ美味しい味噌ができます!楽しみですね♪