粉寒天ダイエット☆ミルクゼリー

粉寒天ダイエット☆ミルクゼリー
粉末寒天で手軽に出来る寒天菓子のミルクゼリーのレシピ。海藻(天草・尾胡草)が主原料で食物繊維が豊富。高血圧やコレステロールの低下や便秘解消に効果的。ノーカロリーでダイエットにいいヘルシーな寒天料理。作り方は簡単!鍋で溶いてゼリー型に入れ冷蔵庫で20分!

材料 (4個分)

~冷たいデザート☆牛乳ゼリーの作り方~
▼材料
粉末寒天
4g
牛乳
500cc
砂糖
60g
▼トッピング
メープルシロップ
適宜

1

写真

鍋に牛乳を入れて弱火にかけ、沸騰する前に粉寒天をふり入れます。

2

写真

よく混ぜながら2~3分沸騰させ、砂糖を加えて火を止めます。

3

写真

鍋の寒天の粗熱が取れたら、お玉を使ってゼリー型に注ぎ入れます。

4

写真

冷蔵庫に入れて20分~30分間冷やし固めます。

5

写真

型から冷やした器に開けてすすめます。60℃のぬるま湯に1分位、型を浸しておくと外し易くなります。

6

写真

ノンカロリーで食物繊維が豊富。便秘解消、コレステロール、高血圧、血糖値の低下などに効果的。

7

写真

【白桃の寒天ゼリー】     レシピID:173423     白桃缶の果実を粉寒天で冷やし固めたフルーツゼリー。白桃のツルンとした食感と甘味をお楽しみ下さい。

8

写真

【ココアの寒天ゼリー】    レシピID:173466      牛乳にココアパウダーを配合したカカオマスの風味たっぷりのココアゼリー。三時のおやつに!

9

写真

【あんずの寒天ゼリー】    レシピID:173538     自家製のあんずジャムID:173066が入った甘酸っぱい味覚のアプリコットゼリー。ティータイムのデザートに!

コツ・ポイント

◎水の分量は袋の表示に従う◎出来上がりの固さは、お好みに応じて水量と煮つめ具合で調節します。◎沸騰後、砂糖を加え、2~3分で火を止める!煮すぎないように!◎粗熱が取れてから、おたまを使って型に注ぎ入れる。◎上手な型のはずし方…60℃ぐらいのぬるま湯に型ごと1分間浸すとゼリーの周囲が少しゆるくなって上手に抜けます。◎あんこ、きな粉、黒蜜、メープルシロップ、ホイップクリーム、生クリーム、珈琲フレッシュ

このレシピの生い立ち

【粉寒天ゼリー菓子】◎コーヒーゼリーID:173620◎紅茶ゼリーID:202710◎白桃ゼリーID:173423◎ココアゼリーID:173466◎あんずゼリーID:173538◎ブルーベリーゼリーID:173540◎スキムミルクゼリーID:173797◎りんごゼリーID:174297◎苺ミルクゼリーID:173804◎柿ゼリー◎みかんゼリー◎バナナゼリー◎パイナップルゼリー◎パパイヤゼリー
レシピID : 173465 公開日 : 04/12/11 更新日 : 05/06/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
ここあっち 2004年12月11日 01:41




粉末寒天は、海草が原料の食物繊維がたいへん豊富な健康食品です。
食物繊維は肥満防止の他、便秘、動脈硬化などの予防にもなることで話題になっています。
現在、健康を願う私達に見直されてきている食品のひとつです。
デザートにお料理に取り入れたいですね…。
ここあっち 2004年12月11日 01:43




寒天は、約35~40℃以下で固まります。室温でも固まります。
溶ける温度は、85~95℃で、夏の室温でも溶けにくいです。
従って、盛夏の中おもてなしとして持って行っても大丈夫だといえます。

酸性の強い果物や果汁を加えると寒天が固まりにくくなるので、よく煮溶かしてから火を消してから加えます。

寒天は、海草が主原料でノンカロリー!ミネラルや食物繊維が多く含まれた植物性食品です。
食物繊維は、便秘解消・コレステロール・血圧を下げる効用があります。
Profile bisko 2005年03月18日 17:39
水は、いつ入れたらよいのでしょうか?
牛乳と水を一緒に火にかけるのですか?
ここあっち 2005年03月18日 18:27
biskoさん、こんにちは

水は使いません。
材料欄にも記載されていません。
どこを見て、水のことをおっしゃっているのでしょうか?

コツの欄に記述している『水の分量は袋の表示に従う』は、『水』そのものを指している意味ではなく、寒天の粉に対しての水分量の意味です。
このレシピは、牛乳寒天です。
粉末粉に対して水分量(牛乳)は、メーカーによって違いますので、その表示に従って下さい。『水』は、使いません。

牛乳を薄い味にしたいということでしたら、鍋に入れる前に、牛乳を水で割って薄めた分量になります。
Profile bisko 2005年03月19日 07:46
すいません;ありがとうございました。