たくさんの筍も圧力鍋で 下処理と保存法 

たくさんの筍も圧力鍋で 下処理と保存法 

Description

筍を大量に貰っても、ばっちこーい!もう困りません!圧力鍋で茹でれば、光熱費も節約できます。
( ´ ▽ ` )ノ 

材料

たけのこ
適宜
米の研ぎ汁
適宜
お好みで
適宜

作り方

1

写真

筍は泥つきのまま、根元から3分の1くらいのところに包丁を、筍の半分くらいの深さまで入れます。

2

写真

そのままザクザクと穂先まで包丁を入れます。

3

写真

切り目から親指を入れ中身を取り出します。(撮影の都合で片手ですが、両手で皮を脱がせるようにしてください。)

4

写真

中身と皮が分かれた状態。(大量の場合の皮むきは屋外での作業を推奨)ここで中身についている泥を綺麗に洗い流します。

5

写真

根っこの赤いプツプツを削ぎとり、大きいものは縦半分に切ります。筍が踊らないよう、できるだけ鍋にぎっちりと詰めて下さい。

6

5.の筍がかぶるくらいの米の研ぎ汁を入れ、圧力鍋用の落し蓋をし、火にかけて弱火で15分~20分加圧し、一晩放置します。

7

圧力鍋がない場合、または圧力鍋に入りきらない場合、普通の鍋で沸騰後弱火で1時間茹でて、一晩放置して下さい。

8

翌朝、筍を洗い、密閉容器に入れ、かぶるくらいの水を張り、冷蔵室で保存します。

9

保存中、水は2日に1度は取り替えて下さい。長期保存の場合、週に1度位、湯通しして下さい。(風味は徐々に落ちます)

10

冷凍もできます。5ミリ以下の薄切りにし、金属製のバットに重ならないよう並べ、凍ったら密閉袋などに移して冷凍保存します。

11

圧力鍋を使う際は、お使いの鍋の最大調理量を守り、アクによる目詰りには十分気をつけて下さい。

12

13.9.28 今年収穫分の水煮が本日終了!7月位からは2,3日に一度の水交換、約10日に1度の煮沸で4か月保存成功!

コツ・ポイント

半割にした筍の節に糠が入ると厄介なので、米の研ぎ汁で茹でる方がよいです。2日に1度水を取り替えても、匂いが怪しげな感じwになったら、よく洗って湯通しして、また水に浸ければ大丈夫です。湯通しの時に、次の筍の茹で汁で茹でると風味が復活します。

このレシピの生い立ち

皮を剥いてから茹でても、全く問題はありません。今回は中小サイズ計6本を3.5㍑の圧力鍋で茹でましたが、あと2、3本分の余裕はありました。カスピ海ヨーグルト作成用の瓶を煮沸する熱湯を流用して、保存中の筍を煮沸して4か月保存しましたw
レシピID : 1776185 公開日 : 12/04/13 更新日 : 20/04/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

58 (54人)

21/05/09

写真

突然の頂き物、米糠なくても圧力鍋で簡単でした❗️新鮮なうちに水煮→週末ゆっくり煮物や筍ご飯堪能(。・ω・。)✨レシピ感謝

MHR2mama

21/05/03

写真

圧力鍋で楽チンでした(^^)d柔らかく仕上がって大満足です!有難うございます☆

旦那は皿洗い

21/05/02

写真

簡単に手早くできました。一晩冷まして食べるのが待ち遠しいです。

IHクッカー

21/04/14

写真

さらにいただいたのでリピです!これが出来ると達成感♡

snow012

1 2 3 4 5