アーティチョークの下処理方♪

アーティチョークの下処理方♪
アーティチョークの下処理方法です♪
一見難しそうに私には思えたので、アップしました^^
シーズンの今是非お試しください♪

材料

アーティチョーク
いくらでも
レモン水
レモン1個でアーティチョーク10個位

1

ボールにレモン水を用意し、掌と指にもレモン汁をつけておく(指先が黒くなるのを防げます)

2

写真

外側の花弁から剥がしていき花の下半分が写真の様に柔らかになったら茎を切り分け、レモン水にくぐらせる。

3

写真

茎の中央の白い部分は柔らかく、頂けるので、二重丸◎の線に沿ってカットしレモン水にくぐらせる

4

写真

がくも緑色の堅い所を削り取りレモン水にくぐらせる。

5

写真

花弁の上の方は繊維が硬いのでカットし、

6

写真

ななめ45度位に包丁を立て、花弁の堅い所(赤い所)をそきレモン水にくぐらせる。

7

写真

半分に切って花の中心部が堅いようならば(触るとチクチクする)そこもカットし、

8

写真

レモン水に浸したまま調理待ち(^−^)

9

お花がギュッと締まった花弁の開き始めていないものが新しいです。
茎は包丁が無理なく入る位置までは食べられます♪

10

灰汁が強いのでレモン水にちょくちょく漬けながら調理して下さい♪
指先もちょくちょくレモンで拭きながら作業すると汚れません

11

基本的に色の白い所・柔らかい所は食べる事が出来ます。工程7の中心部は赤くても柔らかいのでカットしませんでした。

12

写真

私は気になりませんがレモンの香りがつくのが嫌な場合は小麦粉大匙1を入れたお水でもパセリのみじん切りたっぷりでもokです。

コツ・ポイント

トレピアンテさんがアメリカのアーティチョークは大きくて硬いと教えて下さいました。
これはイタリアのアーティチョーク(カルチョーフィ)です。
色々な種類(お花の長さ3cm~10cm)で試してみましたがイタリア産はこの処理でo.kみたいです♪

このレシピの生い立ち

目の前で下ごしらえをするのを見せてもらうまで、自分でアーティチョークを調理しようと思えなかったので、私みたいな人もいるかな?と思いアップしました。
レシピID : 1788768 公開日 : 12/05/02 更新日 : 15/12/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

10 (6人)

17/04/16

写真

一人用で2個です 参考になりました。 感謝!楽しいイースターを!

ブランディ

有難う御座います♡お変わり無いですか?我が家は今月は海です。

16/07/10

写真

写真付きでとても分かりやすかったです、ありがとうございます!

miomeow

お役にたてて嬉しいです。とっても美味しそうなレポ感謝

14/06/10

写真

西産で。久々処理で丁寧な処理過程に感謝♡子育てお疲れさまです

principito

お役に立てて嬉しいです♡↑有り難うございます楽しい毎日です♪

14/03/27

写真

ふふ。今回はちょっと慣れて手際よくできたかな^^ありがとう。

melmarilyn

本当だ❀手際良く出来て色鮮やか♪今が一番美味しい季節よね^^

カルチョーフィ 2012年05月02日 23:50
Arsindaさん、
今日も素敵なつくれぽをありがとうございました。新玉、いいですね!
自分のハンドルネームをカルチョーフィにしたほど、カルチョーフィが好きな私です。アメリカのアーティチョークと言っても、種類はたくさんあるんです。トレピアンテさんは多分東海岸の方かなぁ。こちら西海岸にアーティチョークの産地があって、この辺で取れる若いベビーアーティチョークとかは、生で食べるほどやわらかいんですよ~。
イタリアでも形、大きさ、棘の有無、種類は豊富ですよね!
ちなみにArsindaさんは、どの地方でいらっしゃりますか。
Arsinda 2012年05月03日 06:29

❀カルチョーフィさん❀

そうなんですか。やっぱり産地によって大きさも柔らかさも随分違うのでしょうね^^
アメリカにはいった事が無いので貴重な情報、助かります。
野菜のサイズ・堅さ色々違いますものね、地域によって。

サラダで頂くアーティチョーク、私も大好きです!!
茎の部分は本当に甘くって何もつけないでいつも生食です^^
トレピアンテさんも西海岸の美味しいアーティチョークに遇えます様に・・・
今私が住んでいる所は、有名なブーツで言う所のくるぶしあたりです。
今の時期は丸々太った大きなとげ無しが主流の様です。多分ローマで頂ける丸のまま揚げている物と同じ種類です。
春のカルチョーフィは甘くって大好きです♪
先週はラヴェンナでワイン色一色の柔らかくて小さなカルチョフィーニを頂きました。じゃが芋と一緒にオイル・塩・胡椒をしてオーブンに。美味しかったなぁ♪
春には春の味、夏には夏の・・・と季節の野菜・果物を感動して頂いているうちにあっという間に一年が過ぎます。

最後になってしまいましたがアーティチョークもから揚げ・カレー風味、大好評でした♪
ご馳走様でした♪
トレピアンテ 2012年05月06日 03:05
Arsindaさん、カルチョーフィさん、こんにちは。
アーティチョークの下処理法、すごく参考になります。ボストンに来るまで(ハイ、東海岸に住んでます)アーティチョークは名前だけ知っていたけど食べたことがなかったので、夫に食べ方をおしえてもらいました。そのオーソドックスなアメリカの食べ方とは、アーティチョークを丸ごとゆでて、各自ががく部分をはずしてバターやオリーブオイルにつけて食べるというものです。調理はゆでるだけ、という実に簡単なものです。ときどき炒めたパン粉をがくの間に詰めてローストすることもありますが、基本は「丸ごと調理する」で、こういう下処理の仕方は知りませんでした。今度、こうやってちゃんと準備して作りますね。楽しみです。

そういえば、カリフォルニアをドライブしたとき、アーティチョーク畑を見たような気がします。小ぶりの新鮮なアーティチョークが食べられるなんて、おふたりがうらやましいです。
Arsinda 2012年05月06日 14:16

❀トレピアンテさん❀

此方にもコメントをどうも有り難うございます♪
やはり地域により種類も違うのですね。
アメリカのオーソドックスな食べ方も豪快で美味しそうです^^
アーティチョークは旨味が強いから、茹でて塩・胡椒とオリーブオイルで味付けは充分かも。
美味しいアーティチョークの頂けるうちに試してみますね♪


トクライ 2012年05月16日 22:07
Arsindaさん☆

こちらにコメント残しますね。

日記に遊びに来てくださり、ありがとうございます。
わたしもビーツ大好きです!でもその美味しさを知ったのは、つい最近。
小さい頃はその美味しさが分からず、ぜんぜん食べませんでした。いま思うと、もったいない!

日記も遡って読んでくださったのですね。出産祝いのコメントまでいただき、感激です!!!

↑アーティチョーク♪
去年アメリカに住んで、初めて、缶詰め・瓶詰めじゃないものをいただきました。すごくおいしかった~。
イタリアとアメリカで違うっていうのは、初めて知りました!イタリアのも食べてみたい!
処理が大変な野菜だし、生ごみもいっぱいですけど、食べるところが「ここにもあった!ここにも発見!」と探検隊になった気分になれて、楽しく美味しい食材ですよね☆

ではでは~