ヒレカツガーリック風味

材料 (4人分)

豚ヒレカツ
350グラム
塩・こしょう
少々
しょう油
小さじ1
3個
小麦粉
適量
溶き卵
2個
キャベツ
適量
にんじん
1/2

1

ニンニクは薄皮ごと2~3回茹でこぼして柔らかくして、皮を剥ぎ、器に入れてフォークの背でつぶしておきます。

2

豚ヒレは1センチ厚さに切り、塩とこしょう・しょう油・つぶしたニンニクをからめて、下味をつけておきます。

3

下味を付けた豚肉に、小麦粉・溶き卵・パン粉の順に付けて、180℃の油でからめて、下味を付けておきます。

4

せんキャベツとにんじんを添えて盛り付け、パセリを飾ります

5

6

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

レシピID : 18732 公開日 : 01/04/12 更新日 : 01/04/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Luiza 2002年02月27日 07:46


[アミノ酸]
人間がエネルギー源として主に利用するのは糖(グルコース)や脂肪ですが、運動などでエネルギーがたくさん必要になると、アミノ酸も大活躍します。特に筋肉や血液中にあるBCAA(分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸)は図のように働いて一度エネルギー源として使われたグルコースを再びエネルギーが取り出せる状態にするのに役立ちます。
皮膚は真皮、表皮、そして角質層の3層からなります。真皮層で誕生した表皮細胞(さいぼう)は、次第に表面にあがっていき、角質層に押し出され、やがてはげ落ちていきます。そのサイクルは約4週間です。皮膚(ひふ)の一番表面にある角質層に水分を保つことが、肌をしっとりさせるためには大切です。角質層の細胞の中で水分をしっかりつかまえてくれるのが、天然保湿(ほしつ)成分です。この中には、水分を保つ効果の高いアミノ酸などがたくさん含まれています。
たんぱく質を構成している20種類のアミノ酸のうち、人間の体内で合成できない9種類のアミノ酸を“必須アミノ酸”(バリン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン)と言います。
たんぱく質の分解によって生じたアミノ酸は再び合成され、たんぱく質となりますが、アミノ酸のたくわえ(プール)中のアミノ酸バランスが悪いと再利用効率が悪くなります。健康のためにも、必須アミノ酸の過不足が生じないように十分な量のアミノ酸をバランスよくとることが必要です。※ヒスチジンは幼児期のみ必須。大人はからだの中で合成できます

「ペプチド」

蛋白質を摂取すると、体の中で分解されて「ペプチド」という形に変わり、さらに分解されてアミノ酸になります。蛋白質の形で摂るプロテインのほかに、前もってアミノ酸やペプチドの形になっているサプリメントがあります。体の中に入ってから最終的に行き着く形は同じですが、最も大きな違いはその吸収速度です。最初からアミノ酸やペプチドになっているサプリメントは、消化の過程が省かれるので、その分素早く吸収することができます。胃での消化がそれほど必要ないため、摂っても満腹感や胃もたれがなく、就寝前やトレーニング前後など、胃腸に負担をかけたくないときに適しています。


◆エネルギー
・エネルギー

 エネルギーは、体を動かすための大切