コアユ(小鮎)のオープンサンド

コアユ(小鮎)のオープンサンド
カリッと揚がったコアユの唐揚げは、パンやチーズと相性抜群!小魚は苦手…という人も、目からウロコの美味しさです。

材料 (4人分(写真は2人分))

フランスパン(小)
2本
コアユ
10尾
から揚げ粉
10g
適量
レタスまたはサラダ菜
8枚
スライスチーズ
4枚
トマト(中)
1/2個
パプリカ(黄)
1/2個
少々
マヨネーズまたはケチャップ
少々(お好みで)

1

コアユは洗って水気を切っておきます。

2

コアユにから揚げ粉をまぶしてカラリと揚げます。(この状態でから揚げとしておかずにもできます)

3

パンにV字型の切れ込みを入れて切り取り、具を挟むスペースを作ります。

4

レタスまたはサラダ菜はよく洗い、手でちぎって水気を取り、トマトとパプリカは薄く切ります。

5

パンにレタスまたはサラダ菜を敷き、揚げたコアユ・チーズ・トマト・パプリカを彩りよく盛り、パセリを飾ります。

6

お好みでマヨネーズまたはケチャップをかけ、適当な大きさに切っていただきます。

コツ・ポイント

春~夏に琵琶湖でとれる「コアユ」は骨が柔らかいので、下処理なしで頭から丸ごと食べられます。見た目も楽しいオープンサンドなら、魚嫌いのお子様も喜んでくれそうです。

このレシピの生い立ち

調理・レシピ監修: 滋賀の食事文化研究会 今江秋子さん/小島朝子 先生   
撮影協力: 滋賀県農政水産部水産課
レシピID : 1907700 公開日 : 14/11/17 更新日 : 14/11/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」