初盆や仏事のおだんごの作り方・盛り方

初盆や仏事のおだんごの作り方・盛り方

Description

初盆やお彼岸・仏事ごとのだんごの作り方と盛り方です。地域や宗派で違うかもしれませんが一般的な三角すいのおだんごです。

材料 (1盛り20個×2)

230cc
必要な道具
ざるまたはかご
ゆがく鍋
半紙
1枚(半分にカット)
包丁(なくてもよい)
まな板
すくうもの(お玉でもよい)
サランラップ
30cm×2~4
たっぱかトレー
麺棒(なくてもよい)

作り方

  1. 1

    写真

    ボウルにだんごの粉を入れ、水を230ccを少しずつ入れて混ぜ合わせる。

  2. 2

    写真

    粉の状態を見ながら足したりしてください。

  3. 3

     だんご生地は盛り用なので、きもちぱさつく位の加減でよい。生地を4等分する。

  4. 4

    サランラップをまな板の上に置き、だんご生地を挟む。

  5. 5

    写真

    麺棒でのす。棒状にしてもよい。4つに分けておいた生地を10等分ずつする。こうしておくと、だいたい均一なだんごができる。

  6. 6

    お鍋に水を入れ、たぎらせておく。

  7. 7

    写真

    40等分したものをくるくるまるめていく。

    20個ずつゆがくとやりやすい。

  8. 8

    写真

    煮立った湯にだんごを入れてゆがく。浮いてきたらすくい取り出す。

    食べるときより少し早目にすくいあげるとよい。

  9. 9

    写真

    ざるにあげて冷ます。この時水につけない(濡らした布、さらしで形を整えるときれいに仕上がる)

  10. 10

    ざるにあげて水気をきっただんこはたっぱ(バット)に、くっつかないように並べる。だんごが冷めたら半紙に盛っていく。

  11. 11

    写真

    [だんごの盛り方]

    だんごは一番下(底辺)が4個の三角すいを作る。

    下に敷く紙は半紙を半分にカットする。

  12. 12

    写真

    半紙をこのように折る。

  13. 13

    *盛るときに少し指先を濡らすとだんごが手にくっつきにくい

  14. 14

    写真

    [だんごの盛り方]
    1段目

    手前から4.3.2.1

    とがった方向を仏様に向けない。

  15. 15

    写真

    [だんごの盛り方]
    2段目

    手前から3.2.1

  16. 16

    写真

    [だんごの盛り方]
    3段目

    手前から2・1

  17. 17

    写真

    [だんごの盛り方]
    4段目

    一番上の真ん中に1

  18. 18

    供え方は半紙とだんごがとがった方を私たち側(自分)に向ける。

  19. 19

    * メーカーによって水分量が違ってくるのでメーカーの分量でしてください。

コツ・ポイント

*ゆがいたあとに水にさらさないこと。ざるにあげて冷ましてから盛る。水につけるとだんだんに盛れないです。←だんご同士がくっつかないことに!
*粉をねるときにぱさつくかんじ位の生地でまるめる。
*ゆがくときはさっとゆがきする。

このレシピの生い立ち

お通夜から葬儀に使う三角すいのおだんごをつくることになったのですが盛ったときにはどうにか。でもお通夜のときに祭壇を見てびっくり、流れて平だんごになっていました。なので叔母たちに教えてもらいながら作ってみました。これは初盆用にもOK。
レシピID : 1913084 公開日 : 12/08/11 更新日 : 14/08/11

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

20 (18人)
写真

2021年9月22日

お彼岸用に。今回もお世話になりました(^^)

写真

2021年8月15日

送り団子を初めて積み重ねて作りました。わかりやすかったです^ ^

写真

2021年6月12日

水にさらすから積めなかったんですね!今まで史上、最高に綺麗な三角錐が出来ました⭐︎

写真

2020年10月6日

うちの地方は蒸して作りますが参考にさせていただきました(^^)

コメントを書くには ログイン が必要です

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね