ほんっとーに簡単。手作りのおいしいバター

ほんっとーに簡単。手作りのおいしいバター
混じりけのないフレッシュなバターのおいしいこと!
牛乳に溶けたセシウム・ストロンチウムを分離させ9割以上減らす方法です。

材料 (作りたい分だけ)

1パック(作りたい分だけお好みで)
好みの塩加減に

1

ジャム瓶やペットボトルに冷えた生クリームを入れ、上下にひたすらふる。
両手で激しく振る。
パックのままふってもOKです。

2

写真

5〜10分ひたすらふり続けると、液体が固体に変わったような感覚がきます。
ふっと軽くなる感じ。
水と油が分離した証拠。

3

写真

さらに2分ほどふったら完成。
取り出して、できたてのバター塩少々を混ぜて、好みの塩気にする(←おいしさの秘密)。

4

写真

保存は普通のバターと同じ。
残った水分(バターミルク)でパンケーキやパンやスコーンを焼くと、とってもしっとりふわふわ。

5

写真

※牛乳の放射性物質は90%以上が水分(ホエー)に溶けている。
生クリームならバターにすることで90~99%が除去可能。

6

写真

牛乳ならカッテージチーズにしてホエーを取り除くことで放射性物質を40~60%除去できるそうです。

7

写真

あっという間の「手作りカッテージチーズ」の作り方は、レシピID:930066参照を。
豆乳でも作れます!

8

写真

ヨーグルトならザルにキッチンペーパーを敷き、ヨーグルトを入れて一晩水を切る。
クリームチーズのように濃厚で美味しい!

9

※参考資料:世界文化社出版 ベラルーシ ベルラド研究所「自分と子供を放射能から守るには」より。

コツ・ポイント

放射性物質はホエーに90%以上溶け出します。
ベルラド研究所「〜一番に覚えてほしいのは『ホエー(乳清)』は絶対に摂取しないことです。汚染された牛乳では乳清にセシウムが溶けています。
なので、汚染が心配なら残った水分は捨ててください。

このレシピの生い立ち

乳脂肪が多い物ほど放射性物質は移行しづらく、水分(ホエー)のほうに溶け出すそうです。
なので、生クリーム・バターなどは安全ですが、脂肪分を抜いて乾燥させた脱脂粉乳や粉ミルク、スキムミルク、ホエーパウダーなどに高濃度に濃縮されます。
レシピID : 1951424 公開日 : 12/09/14 更新日 : 14/12/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

20 (19人)

17/04/21

写真

癖になる美味しさです

codeNO1172

17/04/17

写真

バターですっ(*´∀`)♪フリフリ頑張った甲斐がありました!

みぽりぃぬ

16/02/14

写真

バターが品薄の時に助かりました!こっちの方が美味しいです。

Peolili

15/09/29

写真

子供達と楽しくフリ②パンにつけて美味しいと喜んでました♪

千代ちゃんママ

1 2 3 4 5