サンバルブラチャンなドライカレーもどき

サンバルブラチャンなドライカレーもどき
ニョニャげなぶっかけ飯を一席。シンガポールの友達に教わった奥の深〜い絶品調味料で大成功。国籍不明なアジア風。

材料 (2〜3人分)

冷凍牛肉(切り落とし)
150g
インゲン(サイコロ切り)
5本
にんじん(みじん切り)
直径3㎝で4㎝
玉葱(みじん切り)
小1個
シイタケ(サイコロ切り)
4個
プチトマト(半分切り)
10個
パクチー(ざく切り)
たっぷり1束
生唐辛子
2本
サンバルブラチャン
大さじ4
大さじ2〜
サラダ油(炒め用)
大さじ2〜
小さじ1

作り方

1

冷凍庫から出した牛肉のスライスを、包丁で粗みじん切りにしておく。半解凍状態が扱いやすいので、この方法推奨。

2

材料を上記通りに刻む。インゲン・ニンジン・玉葱はレンジ(600w)でそれぞれ1分ずつ下加熱しておく。

3

フライパンに油・ニンニク・唐辛子・クミンを入れて香りを出し、牛肉&ニンジンを入れ炒め、なじんだら残りの野菜を全部投入。

4

全体がくったりしたら、最後に料理酒で緩めたサンバルブラチャンを回しかけて味をつける。必要であればお好みの味に塩で微調整。

5

かき混ぜながら、弱火で水分を飛ばして出来上がり。

コツ・ポイント

日本のひき肉は細かすぎて肉感がないので、スライスを荒みじんにする方が食感がよさそう。
サンバルブラチャンというのは、発酵海老味噌唐辛子+αな複雑で美味しいチリソース。残念ながらただのサンバルソースではこの味は出せませんので…。

このレシピの生い立ち

中国では牛&羊肉のスライスが簡単に手に入るのですが、硬いのに当たってしまい、それを如何に活かすか作戦。細かくしてしまえば硬さも気にならないので、ドライカレー決定。で、冷蔵庫の野菜室メンバーの有志でスクラム組んでみました。
レシピID : 2006480 公開日 : 12/10/25 更新日 : 12/10/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」