本格的に作る♪お雑煮(東京流)

本格的に作る♪お雑煮(東京流)
普段はだしの素でお手軽に作る我が家のお雑煮も、お正月だけはお出汁から手抜きなしで作ります。お醤油仕立ての完全東京流です♪

材料 (4人分)

お出汁(約1000cc分)
昆布(乾)
5cm程度
花かつお(鰹節)
25g
1100cc
具材
鶏もも肉(皮なし)
120g
人参
1/2本
大根
2cm程度
里芋
小4個
椎茸
4個
蒲鉾
5cm程度
小松菜
2株
みつ葉(適当に切る)
適量
柚子の皮
少々
切り餅
4~8個
調味
醤油
大さじ2杯
大さじ2杯
大さじ1杯
適量

1

お出汁を取ります。
昆布をサッと洗い切り込みを入れ、2時間~ひと晩、水に浸けます。

2

1)を弱火に掛け、沸騰直前に火から下ろし、昆布を取り出したら花かつおを加え中火に掛けます。

3

2)が沸騰したら火を止め、花かつおが沈んでから濾せば、お出汁は出来上がりです。

4

鶏もも肉を1.5cm角程度に切り分量外の醤油と酒を各小さじ1杯程度振っておきます。

5

大根、人参、蒲鉾を5mm厚位に切ってから食べ易い形に切り、大根はサッと茹でます。椎茸は石突を取り5mm厚位に切ります。

6

里芋の皮を剥き半分に切り2~3分茹でてから水に晒しておきます。小松菜はサッと茹で流水に晒し水分を絞り5cm位に切ります。

7

3)のお出汁に、人参、大根、里芋、椎茸を入れ、火に掛けます。沸騰したら鶏もも肉と蒲鉾も加え煮ていきます。

8

鶏もも肉に火が通り、野菜が柔らかくなったら、醤油、酒、みりんを加え、塩で味を整えます。

9

お椀に、焼いた切り餅を入れ8)を掛けて、小松菜、みつ葉、柚子の皮を添えて出来上がりです。

コツ・ポイント

手順は多いですが(汗)、それぞれの作業はとっても簡単なので気負わず作って頂けると思います♪お出汁は一度作り方を憶えるといろんなお料理に使えますよ。

このレシピの生い立ち

両親共に東京下町出身で物心つく前から慣れ親しんでる我が家の正月のお雑煮です♪今回は母に教わりながら作りました。元旦は「鶏肉無し」2日に「鶏肉入り」のお雑煮を食べるのが昔からの習慣です。お椀の蓋を開けた時の香りでお正月をしみじみ実感してます。
レシピID : 2058617 公開日 : 12/12/15 更新日 : 17/01/03

このレシピの作者

特別なお店に行かなくても手に入る材料で作れる多国籍の家庭料理&スイーツをコンセプトにした私流の楽しい美味しい一皿と、我が家の定番料理等を紹介しています。料理という国籍を問わないコミュニケーションツールの素晴らしさを伝えられるワールドワイド家庭料理研究家になるのが夢です☆

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

29 (24人)

17/01/21

写真

今年もリピです。本当に美味しい~♪鶏の代わりに油揚げにしました。

ririkkuma

りぴりぴれぽ激感謝です☆油揚げVerも美味しそう!

17/01/04

写真

毎年お世話になってます。今年は干し椎茸の出汁も加えてみました。

みそぱんな

りぴれぽ超感謝です☆今年も作って頂けて光栄です!!

16/10/17

写真

毎年見ながら作ってます。お正月じゃなくても食べてます( ´艸`)

可笑しな国のアリス

つくれぽ大感謝です!そろそろお雑煮の恋しい季節ですね♪

16/08/07

写真

今年の正月です。美味しくていつもお世話になっています。

ririkkuma

りぴれぽ大感謝です☆今年も美味しそうに作って頂いて光栄です!

1 2 3 4 5