大根のなた漬け

大根のなた漬け

Description

寒い時期に,下漬けした大根を米麹,砂糖,しょうちゅう,だし汁を入れて漬けます。
秋田県のうま味たっぷり漬け物。

材料 (まとめつくり)

大根(大)
2本,実質3kg
自然海塩
90g(大根の3%)
♦米麹
120g
♦きび砂糖
大さじ2.5
ぬるま湯
適量
♢しょうちゅう
大さじ4
♢だし汁
450ml
♢とうがらし小口切り
6本分

作り方

1

写真

大根は,洗って乱切りにする。

2

写真

漬けもの桶に大根を入れ,塩をふりかける。

3

写真

中ぶたと重石(2.5kg)をのせ,ふたをして,暗所に2日おく。途中,上下を返す。1日後には,水が上がっている。

4

2日後に,大根を取出し,水洗いして水気を切る。
洗った桶に大根を入れる。

5

写真

ボウルに♦を入れ,手でほぐす。ぬるま湯ひたひたに入れ,30分おいて麹をやわらかくする。
♢を加えて混ぜ,4に入れる。

6

5の上にラップをのせ,中ぶたと重石をのせ,3日,暗所におく。
3日後に,重石をはずし,食べ始める。

コツ・ポイント

寒い時期は,失敗なしに漬けられます。
4で,大根の水洗いをしないと,塩味がやや強くなり,若干の苦みが残ります。

このレシピの生い立ち

昔から,今冬のように寒さが厳しい時に,漬けていた。今回は,包丁で小さめの乱切り。
もともとは,<なた割り漬け>といって,丸ごとの大根を鉈(なた)で切るので,裂け目ができ,大振りの乱切りでした。大きいものを豪快に食べていたものです。
レシピID : 2070462 公開日 : 12/12/30 更新日 : 12/12/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」