本気で作る*大人のビーフシチュー*

本気で作る*大人のビーフシチュー*
多めの赤ワインでじっくり煮込んで最後に漉します。手間と時間は掛かりますが絶品のご馳走デス♡特別な日に、おうちレストラン♡

材料 (4〜5人前)

牛スネ(牛肩ロースでも)
600〜700g
小麦粉
適量
バター+油
10g+大さじ1位
玉ねぎ
1個
にんじん
1本
2cup
赤ワインビネガー(あれば)
大さじ1
900〜1L
デミグラスソース缶
1缶(約300g)
お好きな茹でた野菜
かぶ・じゃがいも・ブロッコリー・マッシュルームなど
お好みで
お好みで

1

写真

牛肉は、煮込んで縮むので結構大きめの一口大に切る。

塩胡椒でしっかりめに下味を付け、小麦粉をまぶして余分な粉を落とす。

2

写真

玉ねぎとにんじんはみじん切り
後で漉すので、まあまあ細かく。

鍋にバターと油を入れ、透き通るまで炒める。

3

*バターだけだと焦げやすいけど、
バターの風味が美味しいので、+油としています。

4

写真

フライパンに油(
分量外)を入れ
①の牛肉に焼き色を付け、鍋に入れる。
(中まで火を通さなくてOK)

5

写真

フライパンに残った油を拭き取り、
赤ワインとビネガを入れ
さっと沸騰させアルコールを飛ばし、鍋に入れる。

6

写真

デミグラスソース・トマトピューレ・水・コンソメキューブを鍋に入れる。

7

写真

一度煮立たせ、ローリエを加え、
蓋を少し開けて
2時間から3時間程
弱火でコトコト煮込む。

8

写真

だんだんとろとろしてきます。

たまに見て
焦げ防止のために
かき混ぜ、こまめに灰汁を取りましょう。

9

写真

とろみがつき牛肉が十分柔らかくなったら、鍋から肉を取り出す。

10

写真

全体量は⑥の2/3〜半分強位になっていると思います。
(写真は肉を取り出す前)

ゆるすぎると感じたら、さらに煮込む。

11

写真

ソースの玉ねぎとにんじんをざるなどで漉す(裏ごしする)

12

*ココが一番面倒なので
裏ごしした方がなめらかですが
気にならなければ
バーミックス的な物でなめらかにしても大丈夫.。

13

写真

鍋から取り出した牛肉を再びソースと一緒にし、鍋に入れ
火を通し、味を整える。

14

写真

付け合わせの野菜をそれぞれ美味しい状態に茹でる。

15

写真

茹でた野菜に絡めながら盛りつける。
あれば生クリームをかけて完成。

16

⑬の状態で冷凍も出来ます。
一食分づつ冷凍し、解凍して茹で野菜を付け合わせれば
豪華な自家製レトルト☆
重宝しますよ^^

コツ・ポイント

*要は野菜(玉ねぎとにんじん)でとろみを付け
赤ワインでじっくり煮込む、が基盤のレシピです。
なのでお肉の種類や調味料の分量は好みでアレンジしても大丈夫です。
*ここぞという時にはお肉を奮発してみて下さい笑
絶品が超絶品になります

このレシピの生い立ち

幸せ料理代表のビーフシチュー。
家庭でできる最高を目指して、長い時間を掛けて試行錯誤して、この材料とやり方に落ち着きました。
レシピID : 2101562 公開日 : 13/02/03 更新日 : 13/08/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

17 (15人)

17/11/30

写真

きのうの夜に作って置いたのでお肉がさらにホロホロでした♡美味~♡

あやぽむCafé♡♡

れぽありがとうございます♡

17/10/16

写真

濾すのを途中で断念しましたが、十分美味しかったです(*´-`)

nvnv

れぽありがとうございます♡

17/02/11

写真

最高に美味しかったです!レシピありがとうございます!

クックHPI59H☆

れぽありがとうございます♡

17/01/07

写真

倍量で。漉すことで口当たりなめらか♪芳醇美味で寡黙な父も大絶賛!

よっⓒ犬

れぽありがとうございます♡

1 2 3 4 5