お義母さんのお赤飯(蒸し器1升5合)

お義母さんのお赤飯(蒸し器1升5合)

Description

お義母さんのお赤飯はとても美味しいので教わりました。なんと1升5合分!覚書として。

材料 ((もち米1升5合分)1升5合用の蒸し器使用26cm位)

もち米
1升5合
ささげ
2合(2袋)
適量
大さじ2

作り方

  1. 1

    【前日の昼間】
    ささげをボウルにあけ水を入れて2時間位浸水させる。
    その後鍋にささげとたっぷりの水をいれて火にかける。

  2. 2

    1が沸騰したら弱~中火でゆでる。様子を見ながら味見をし、豆が柔らかくなったら火をとめる(煮すぎて豆が割れないよう注意)

  3. 3

    ざるとボール等を使い、2の豆と煮汁をわけておく。豆は濡れふきんなどをかけておき、煮汁はそのまま冷ます。

  4. 4

    【前日の夕方】
    もち米をといで、3の煮汁に浸しておく。煮汁が少なければ水を足す。
    寝る前に水が減っていたら足しておく。

  5. 5

    【当日】
    蒸し器の最下段に水を入れ火にかける。
    もち米をざるにあげる。煮汁はとっておく。

  6. 6

    蒸し器上段に布をしき、米を1/3程敷く。その上に豆の1/3を均等に広げ乗せる。それを繰り返して米を豆をすべて重ね入れる。

  7. 7

    もち米と豆がすべて入ったら蒸し布で包むように覆う。

  8. 8

    蒸し器の湯が沸騰したら、7をのせる。中~強火のまま蒸気が上がってから30分蒸かす。(下段の湯がなくならないよう注意)

  9. 9

    30分たったら蒸し器の上段を水が切れるところにあげて、蒸し布を開いてもち米の上から塩大さじ2を振る(かきまぜなくてOK)

  10. 10

    さらに米の上からカップ5杯の水をしゃもじなどを伝わして回し入れる蒸し器を少し左右に傾け水を切る。

  11. 11

    蒸し器の下段に十分な量の湯をわかし、10をのせ、蒸気が上がってから15分ほど蒸す

  12. 12

    火を止めて5分蒸す。あれば寿司桶にあけてさます。なければ他の容器に広げて冷ます。出来上がり!!

コツ・ポイント

手順9で振る塩は大さじ2だとけっこうしっかり塩味がつきます。お義母さんは大さじ2。ゴマ塩なくても食べれられます!お好みで。

手順10の水の量で仕上がりの固さが違います。教えてもらったのはカップ6でしたが、若干柔らかめなので5杯に。

このレシピの生い立ち

とにかく量が多い!炊くといつも家族6人が食べて親戚にも配ります。やっぱり蒸したお赤飯は美味しい!

今はお義母さんが作っていますが、いずれは私がやらなきゃ、、、ということで覚書☆
レシピID : 2124760 公開日 : 15/03/10 更新日 : 15/03/10

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

3 (3人)
写真

2021年3月20日

ふっくらもちもちに出来ました。「おふくろ」になれた気がします。

写真

2019年3月29日

モチモチで美味しく出来ました。ありがとうございます

写真

2019年3月8日

初れぽ

母の古希祝いに初めてつくりました。美味しかったです

クックKGGHZ9☆ 2015年04月13日 13:20
料理はつまるところ手間ヒマなのだということを改めて自分の胸に刻みました。おいしいお料理が筆者に、さらに次の世代にと伝承されるようお祈り申し上げます。
コメントを書くには ログイン が必要です