イチゴのクリームのサクサク・カップサブレ

イチゴのクリームのサクサク・カップサブレ

Description

パーティーや、おもてなしにも向くような、小さなかわいいお菓子です。クリームを工夫すると、いろんなバージョンもできますよ♪

材料 (カップサブレ約20個分)

サブレ生地
食塩不使用バター
130g
粉砂糖
100g
薄力粉
270g
たまご
1個
クリーム地
100cc
ヨーグルト
100cc
イチゴジャム
大匙4程度
砂糖
大匙1-3(ジャムの甘さを見て判断する)
トッピング
いちご
適量
ミント、ディルなどのハーブ
(あれば)適量

作り方

1

写真

(事前準備A)
1.粉をふるっておく
2.バターとたまごを室温に戻しておく

2

写真

(事前準備B)
ヨーグルトをキッチンペーパーを引いたざるに入れ、塩を一つまみ振りかけて、水を切っておく。

3

写真

ボウルに室温に戻したバターをいれ、粉砂糖を2-3回に分けて入れながら、白っぽいクリーム状になるまでハンドミキサーで練る。

4

写真

溶いたたまごを2-3回にわけて3に混ぜ入れ、その都度、ハンドミキサーでよくなじませる。

5

写真

バニラオイルを普段より若干多めにいれ、薄力粉を加える。練らないようにカードなどでさっくりと混ぜ合わせる。

6

写真

5が少々粉っぽいかな、という状態でいったん完成。これをラップにくるみ、冷蔵庫で2時間~1晩寝かす

7

写真

4の寝かした生地を取り出し、2つにわけ、片方の生地を厚さ2-3mm位までのばす。

8

写真

カップ部分の型で抜いていき、ふたをつくる。また、同生地のはしっこをナイフで切り取り、ふたの取っ手を作る。

9

写真

2つに分けたもう片方の生地は、ピンポン玉程度の大きさにし、型に押し入れ、上から麺棒などでプレスする。

10

写真

9の方からはみ出た部分をナイフ等で、テーブルと水平になるようにカットする。
★オーブンを180℃で予熱スタートさせる。

11

写真

予熱完了したオーブンに8と10をいれ、180℃で10-25分焼く。小さな部品から焼き色がついていくので、随時チェックする

12

写真

やきあがったふたに取っ手をつけるための接着剤となるホワイトチョコレートを湯煎で溶かす

13

写真

ふた部分の真ん中に竹串などでチョコをつけ、取っ手をつけて完全に冷ます。

14

写真

生クリームを八分立てにし、2の水切りヨーグルトを入れ、固めにたてておく。

15

写真

イチゴジャムをチンして溶かし、14にいれていく。
砂糖はジャムで足りない甘みを補完する程度に、味見をしながら入れる。

16

写真

15でできたクリームをサブレのカップ生地に入れ、イチゴ等をかざれば、完成。

17

写真

大きな写真の入った詳細な手順はこちらへ。
http://kumamesi.com/?p=5202

コツ・ポイント

サブレ生地を焼く際に、小さな部品から色づいていきます。
あまり焼きすぎると表面にクラッキングがおきますので、ほんのりきつね色になった段階で、生地をオーブンから出していってください。

このレシピの生い立ち

春らしい、イチゴを使ったパーティー用のスイーツを考えていき、このレシピに至りました。
レシピID : 2126424 公開日 : 13/02/20 更新日 : 13/02/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」